ブルーベリーに、実がなり始めました。

広告



ブルーベリーに実がなり始めました。

 

ウチのブルーベリーが収穫できる時期、実が色づくのは。

昨年の記録をみると、あと1ヶ月後。

7月に入ってからなのかな。

ブルーベリーが採れ始めました。

 

ブルーベリーの苗木を植えたのは3年前。

 

3年経ったブルーベリーの樹なら。

実を本格的に収穫してもいい頃。

 

3年前に、4品種。

それぞれ2本ずつ合計8本植えたブルーベリー。

生育がいいのは4、5本。

 

3年経過した樹でも。

この4、5本からの収穫では、量としてはほとんど見込めない。

結果的に、総量。

どれくらいの収穫量になるのかはわからない。

 

今までの数年間は、樹の生育の様子見に対して。

今シーズンは、収穫量、生産量に応じた収入、金銭、商売の見込み。

これは、個人的に生業、農業として、ものすごい進歩。

 

 

 

ブルーベリーもジャム、加工、販売する。

 

収穫した実。

そのまま売るよりも、販売の猶予。

保存食として加工。

 

「冷凍ブルーベリー」もありだとは思うけど。

ストッカー購入、その電気代、設備の面で現在は、見送り。

ジャムに加工するつもり。

 

これら、ウチのブルーベリーは、パテントがない品種。

 

ブルーベリーにはパテント。

技術的に増やすことはできても。

特許、増やすことができない品種がほとんど。

 

でもウチの木は、古来種に近い。

パテントがない。

ただ、粒が小さい品種。

 

去年も剪定枝から挿し木をしてみたけど。

結果、発根せず。

状況から予想すると、挿し木する枝の太さ。

ある程度、成長した枝ではないと、挿し木にも適していない。

 

 

3年ほどの年月が経った、成長した樹の枝ではないと。

苗木を増やすことは、うまくいかないのかもしれない。

 

当時お金、資金があって先行投資できていれば。

 

数年間、いろいろな植物の栽培を試した結果、その中で。

古来種のブルーベリーは、耐寒性が強い。

 

自然栽培。

この地域でも無理なく育つ作物栽培のイメージと、現実が合致。

 

実体験、経験、費やした数年間。

納得、現実化、具現化するまでの時間。

本当にその数年間が必要だったのか?は疑問。

広告