真空シーラーでパッキングした後。パッケージの中に空気が入る問題を解決するテスト。

広告



真空シーラーでパッキングした後に空気が入る問題、その解決方法は。

 

原因は、中の食材が発酵するから。

 

真空パックシーラーでいくつかの食材をパッキングしてみた。

 

Crenova VS200S真空パックシーラー。製品レビュー。

野菜を真空パックにしてみたらどうなるのだろう?という実験。

Crenova VS200S 真空シーラー。数日すると空気が入るのはなんで?

 

真空でシールした段階では空気が抜けているように見える。

でも、数日経つと、パック内に空気が増えていることが何度も。

 

機械のせいではなく。

使う袋が原因かと。

メーカーを変えて使ってみたけど結果は同じ。

 

マニュアルによると。

 

 

少し残っている空気によって中の食材が発酵することが原因。

 

 

そうなったらこの食材は、もうダメ。

捨てて下さいって書いてある。

 

パッキングした後に、袋ごと煮る。

 

 

加熱調理した後の食材を冷まして。

真空シーラーでパッキング。

 

再びお湯で袋ごと煮る。

 

 

袋ごと煮ることが、一つの解決方法らしい。

 

そういえば以前。

袋で煮てから、冷蔵保存しておいた落花生。

真空フードシーラーでパッキング。茹でて冷蔵しておいた生落花生。

長期保存でも空気が入らず、いい状態が保てていた。

 

旬のタケノコで真空パックのテスト。

 

 

 

パック内の空気を増やさない方法。

これが正解か?

どういう結果になるのかは後日。

 

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。