ジャガイモの発芽。今年は購入の種イモです。

広告



ジャガイモが発芽を始めました。

 

ジャガイモの種イモを植えたのは今月4月に入ってから。

今年、シーズン初の種まき。ジャガイモを植える。

植えてから2週間と数日。

 

近所の人たちがジャガイモを植え付ける時期を見て、真似をした。

 

植え付ける時期の判断。

昨年は遅すぎた。

結果、生育期間が短すぎたため失敗。

 

今シーズンはその失敗はしないように。

天気予報の推移と。

近所の人たちの動きを参考に。

 

そして、同じ城里町でも。

「ビニールマルチをして2月、3月に植える」という話も聞きました。

発芽はしなくても、さまざまな作業時間の分散ができる可能性。

これもいいのかも!と思いますが。

やはり、早い時期に芽を出して霜の被害が怖い。

 

それと、ビニールマルチ。

農業資材としては、便利なのだろうけど好きではない。

畑にマルチの切れ端がゴミで残っている様子。

ビニールではなくても生分解性マルチなんていう資材もあるけど。

いずれも金銭的問題。

買えないという理由もある。

 

畑を資材でカバーするなら畝ではなく、通路に防草シートをはりたい。

畑に防草シートを貼りました。『nouオリジナル 国産防草シート』

 

耕起するのは、植え付けの効率化と除草目的。

 

出来るだけ長くとりたいジャガイモの生育期間。

耕起するのは、植え付けの効率化と除草目的。

 

まずは、ジャガイモの植え付け同時期に。

地下茎のスギナ、ツクシが一気に生えてくる。

 

今シーズンは、ジャガイモを植え付けるギリギリのタイミングで畑を耕起して。

種イモを植え付ける作戦。

 

スギナがあると作物の生育に影響があるのか?といえば。

畑の管理、効率の面で問題、厄介であって。

ジャガイモの生育、栽培に関しては悪影響ではない、と思う。

 

それより気になるのは。

近所の人たちが何を感じて。

ジャガイモを植え付けるタイミングを見計らっているのか?ということ。

今度聞いてみる。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。