ハンマーナイフモアのレビュー。ついでに庭の芝生も刈ってみた。

広告



昨日入手したハンマーナイフモアを使ってみました。

 

 

荒れた田んぼ。「耕作放棄地を使って」との依頼。

この地目が田んぼの土地。

「畑を使ってくれ」、という話がきたのは、つい先日。

その土地を見にいくと。

セイタカアワダチソウなど2メートルほどの草が一面に生えている。

急な話で、この忙しい時期。

刈り払い機での草刈りでは、手に負えない、参ったなと思ってた。

勢い、タイミングで、念願のハンマーナイフモアを購入しました。

 

予想以上の働きのハンマーナイフモア。

 

 

左側は少し刈った様子で。

右側が、これからの作業。

田んぼの面積は一反ともう少し少しある。

 

結果、4時間くらいの作業。

レギュラーガソリンを5リットルほど消費。

荒地だから機械もフルパワー。

今回は、燃費が悪いのは仕方がない。

作業者側に物が飛んでこないので安全なのもメリット。

機械の使い方、慣れる時間は多少必要なので、いい練習になった。

 

 

カヤネズミ?の巣。

 

 

作業の終わり。

(実は、ガス欠で止まってる写真。)

 

信じられないくらいの作業効率の良さ。

さすが専用機械。

 

今後のテーマは、機械の積み降ろし。

 

100キロほどの重量物。

この機械を軽トラックに積んで降ろす作業。

これが一番、怖い。

 

初めて降ろす作業で危ない思い。

作業を終えて積む際もミス。

機械のカバーに傷、変形してしまった。

 

積み降ろしの作業も、慣れればとは思うけど。

やはり怖さが、残っている。

 

作業を終えたついでに、家の庭の芝刈り。

 

今までの刈り払い機だと数十分かかる作業。

汗もかくし飛散物もあり。

仕上がりもきれいとはいえない庭の芝刈り。

 

ハンマーナイフモアだと。

あっという間。

3分くらい?

 

 

 

おうとつがある畑と違って。

平らな土地だと作業がしやすい。

 

そして今後の懸念。

平らではない畑の通路の除草で。

この機械が活躍できるのかということ?

広告