寒さにやられた絹さや、ソラマメ。復活するかな?

広告



そら豆、絹さや。タネをまく時期が早すぎたのか?

 

ソラマメ、絹さやの栽培、現状。

 

 

冬にタネをまいて春に収穫するソラマメや、絹さや。

寒さでかなりのダメージ。

ポットで管理しているものは、この状態。

 

昨年の冬にまいたタネ。

まく時期が早すぎたのか。

もしくは気候が暖かかったのか?

冬越しさせるには成長させすぎたため。

だいぶ枯れてしまった。

 

そら豆の発芽がはじまる。

この記事を見ると。

そこまでまいた時期は早すぎた感じではない。

 

ポット苗の茎や葉は、ほんの少しだけ緑色。

緑色ということは、ポット苗は、かろうじて生きている。

 

苗を販売しようと考えていたのだけど。

この状態では商品にならない。

苗の販売作戦は失敗。

 

そら豆の苗を植えた、過去の記事。

この時点ですでに、栽培としては実験的でした。

 

畑に定植した、枯れたようにみえるものは復活するか。

それとも完全に枯れているのか。

経過を見守る。

 

失敗も経験。

経験を積み重ねていく、体験、体感とともに。

栽培記録、事実は、このブログに書き残す。

広告