自然栽培、ジャンボニンニクの栽培、生育状況。寒さで葉や茎は枯れています。

広告



ジャンボニンニクの自然栽培、生育状況。

 

 

販売作物の柱の一つとして、ジャンボニンニクを栽培しています。

 

過去、ニンニクの数品種を植えたテスト。

自然栽培で育てたニンニクは数種類。その出来、結果。

ジャンボニンニクだけが、大きく育った経験。

ジャンボニンニクを収穫。去年よりもサイズが!

 

結果、タネを購入

ジャンボニンニクを主要栽培、販売作物の一つとして考えている。

 

買って仕入れた「高額なニンニク」のタネ。

理由はわからないけど、発芽の時点で、ばらつきが多かった。

ほぼ、芽を出しているのをみるとダメになっていない。

まずは、生きていることだけで、ひと安心。

 

まずは3月中旬くらいに、ニンニクの葉が採れて。4つの味が楽しめる。

 

美味しいのは、根っこの部分だけでなく。

葉や、花芽についたニンニクの芽。

 

時期をずらして収穫できるのが。

  • ニンニクの葉。
  • ニンニクの芽。
  • つぼみの部分、花蕾。
  • そして、ニンニクとして。

 

商品になる可能性が4回。

4回の味、使い道、食感が楽しめる。

まずは3月中旬くらいに、ニンニクの葉が採れるはず。

 

特殊な気候を生かした作物栽培が、地域の独自性を生む。

 

そしてこの地域は、茨城県内、同じ町内で比較しても。

かなり寒い特殊な地域だということ。

東北地方の一部よりも、寒いことがわかった。

 

寒いということは作物栽培にとってはデメリットかもしれない。

でも、このめずらしい環境、特殊な気候を生かした作物栽培。

無肥料、自然栽培ということだけでなく、より独自性。

ウチの畑でしかできないものがある可能性。

希少性、これは最大のメリット。

広告