ケガなく楽に硬い野菜も簡単におろせる調理器具。「マイクロプレーンのグレーターを使う」。

広告



「マイクロプレーンのグレーター」を使った簡単料理。

簡単料理でも。

うちの「自然栽培のニンジン」。

これに相当する野菜と。

「マイクロプレーンのグレーター」があってしかできない味かもしれない。

これがマイクロプレーンのグレーター。

いわゆる、おろし金。

材料は、ニンジンとペコリーノロマーノ(チーズ)。

ニンジン。

ペコリーノロマーノ。

ペコリーノは羊のチーズ。

硬めです。

マイクロプレーン社のグレーター。

日常的に家庭でおろして食べる料理。

大根おろしがメインかな。

うちではこのグレーター。

食品加工に使えないか?とテストで導入、使っている。

柚子の皮をおろしてみるとこうなる!

実はだから、毎日の食事でグレーター「おろし金」を使うことはあまりない。

自分が食べる料理。

食事をすること自体、時間や手間をかけてはいない、いられない。

時間的に、毎日の食事がおろそかになっているのは確か。

みんなとほぼ一緒。

このグレーターでチーズは削れるのか?

マイクロプレーンのグレーターでチーズを削るとどうなるか?

パルミジャーノより少し柔らかいかな?

ペコリーノロマーノがうまく削れるか。

このチーズと、なんとなく相性が良さそうだったニンジン。

だからチーズの前に。

ケガなく楽に、硬いニンジンを簡単におろせる調理器具。

ニンジンをジュースに加工できないかと思って。

以前ニンジンをおろしたことがあるのですが。

ニンジンは水分が少ない。

何かの水分を足さず、単独でジュースにするのはやはり難しいという印象。

でも、硬い野菜のニンジンでも、おろすのに力はいらない。

ケガをする恐れがほぼないマイクロプレーンのグレーター。

そして、「安全性以外」にも。

このグレーターを使うと。

味も、「見た目も美味しくなる」調理器具。

そんな料理がこれ。

ニンジンとペコリーノのサラダ。

包丁で切るのとは全然違う食感と香り。

パウダー状で色も紅白。

クリスマスやお正月っぽい。

created by Rinker
Microplane (マイクロプレイン)
¥3,850 (2021/10/28 09:30:27時点 Amazon調べ-詳細)

洗うのも簡単。

広告