豚のロース肉。低温調理すると固くならない、パサつかない。[アノーバナノを使う]

広告



アノーバナノで豚のロース肉を低温調理してみました。

 

Anova Precision Cooker Nano Bluetooth 4.2 (750 Watts) [並行輸入品]
Anova

 

豚のロース肉を低温調理する。

 

まずは、真空パックにする。

豚のロース肉と、少しのひまわりオイル。

うまく空気を抜くには水分(油)を入れる。

 

 

フードシーラー、真空パック器を使って真空パックにする場合。

少しの油や水分を入れたほうが、空気がうまく抜けやすい。

ということで今回試してみたところ、なるほど。

真空パックシーラーの製品レビュー。

 

先日、野菜を真空パック、低温調理にかけたところ。

空気がうまく抜けていなかったため浮いて面倒でした。

ニンジンとカブを低温調理。

 

豚のロース。66°Cで50分の加熱。

 

日本の食肉の安全ガイドラインでは、中心部加熱75°Cで1分。

加熱は積算。

これに相当する低温調理の温度。

 

 

豚、鳥、牛、家禽、羊、その他、肉の種類とその厚さによって。

温度の伝わり方が違う。

 

 

出典はこの本。

これは鶏肉の場合。

 

created by Rinker
¥3,740 (2020/11/24 21:25:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

残念ながら豚肉に関しては。

その温度の伝わり方、曲線。

記載はされていません。

 

今日は、別の本を参考に温度と調理時間の設定。

66°Cで50分の加熱。

1センチくらいの厚さの豚ロース肉。

 

 

今回は初めてなので、安全性を考慮。

両面をフライパン強火で軽く焼いた。

もともと、加熱しすぎな感じはする。

 

それでもこの厚さの肉。

しっとり、パサつかず、柔らかい。

圧力鍋を使った肉の柔らかさとはまた違う食感。

 

 

なお、低温調理をするのに。

必ずしも機械、真空パックシーラーはいらない。

実は必要ない。

耐熱で、口が締まればいい。

 

専用のパックやジップロックのような袋は、使い捨てるには、割高。

それよりもいい製品見つけました。

 

created by Rinker
ワタナベ工業
¥370 (2020/11/24 18:13:09時点 Amazon調べ-詳細)

広告