そら豆の自然栽培。苗を植える。

広告



そら豆の自然栽培。

そら豆の発芽から約1ヶ月が経過。


苗の状態でキープしておいて来年春に植え付けるつもりでいた。

苗も販売しようかなと思っていたのですが。

上部が徒長気味、根っこがポットから飛び出している。

このままだと根っこが、まわって苗が老化する。

寒さで条件の悪い畑。

この遅い時期に植え付けるのは。

根付かない、もしくは寒さで枯れる可能性。

苗の状態で保管するのと。

植え付けるのを比較。

どちらが収穫する正解なのか。

未来、結果がわからない現段階では、同じ不安。


苗の状態と、畑に植え付けた後の管理。

どちらが手間がかかるか?


そら豆は、大きい部類の苗で丈夫そうだし。

イノシシよけの防護柵が完成。

このイノシシよけの防護柵を設置したことによっての少しの安心感。

植え付けることにしました。

とはいっても、分散させて数カ所での栽培テスト。

全滅させるとデータが取れないので。

どこかが生き残ってくれればいい。

うまくいったら本格的な栽培は、また一年後。

広告