ジャンボニンニクの発芽。2018年バージョン。

広告



ジャンボニンニクの発芽。

 

 

ジャンボニンニクが発芽しはじめました。

 

野菜や植物が発芽すること、目にすること自体は。

もう特に珍しいものではないのですが。

 

ジャンボニンニクは、ウチの商用作物としての一つの柱。

 

ニンニク、それも数品種ある中で。

このジャンボニンニクが、うまく育つだろう。

過去数年、栽培のテストした経験による予想、予想。

 

 

ジャンボニンニクの栽培量を増やすためタネを購入。

でも、同じジャンボニンニクという品種だからといって。

購入したタネだとまた違う成長を見せるかもしれない。

 

タネは、未来への投資。

 

少ない資金から、購入したタネ。

わりとお金かかってます。

このニンニクで。

今まで数年間、作物の無肥料自然栽培を実践、経験した総括。

 

栽培のみではなく、商売としての実績が欲しい。

そろそろ一応の結果を出したいですね。

 

作物の発芽は格別。

 

植えたニンニクの根っこが出ていたのは確認していた。

タネは生きている、発芽はするだろう。

ただ、実際に目にする、見る作物の発芽は。

なんともいえない安心感。

 

 

力強さと弱さの両極を感じる。

不思議な感覚。

広告