ナスの栽培。えんぴつナス。

広告



ナスの栽培。

 

品種は、えんぴつナス。

今頃、花、つぼみが出始める。

 

昨年、それ以前も栽培に成功したこの品種、えんぴつなす。

適地、栽培が可能であることと、味。

これなら正解、確信。

 

昨年、うまく育った実から種を採る。

 

春に種まき。

発芽せず。

 

数ヶ月経って再度。

これも失敗。

 

種が生きていないのは。

種採りの方法の間違い?

それより保存場所。

 

石の蔵の中は。

種の保存には、家の中。

室内よりもよくないらしい。

温度がある程度一定なので最適だと思っていたのが逆。

湿度も余計なのかも。

 

購入した種をまく。

 

結局、野口種苗さんで種を購入。

無事、発芽、育苗も成功。

 

畑に植え付けて、今はこんな感じ。

つぼみ、花が咲き始めました。

 

 

今頃?遅いのでは?といわれたりしますが。

秋ナスの栽培という言い訳。

 

早い時期に苗を植えても。

虫に茎を切られたり。

暑さなどで必ずしもうまく育たないこともある。

 

ナスに限らず、その土地に応じた作物栽培。

 

種まき、栽培の適期がいつなのか。

なるべく手間をかけずに多くの収量を得るための方法。

これを探るのが一番、難しい。

 

とはいえ。

種まき、育苗から畑に定植、植え付けて収穫。

技術的なこと、このサイクルの経験はそれなりのレベル。

 

これは本を読んだり、人に聞くだけ、その知識だけでは無理。

体験、感覚をつかむのは実践だけ。

広告