マキタのエンジン刈払機。使ってみた。

広告



マキタのエンジン刈払機が届きました。

 

この箱、重い!

配達してもらって、受け取ったときの第一印象。

電気の充電式より本体、それ自体が重い。

 

 

この機械は、マキタ社の草刈機。

4ストロークエンジンのエンジンを搭載している。

やはり重量感がある。

 

燃料は、自動車で使うガソリン。

2.5リットルの携帯用のタンクを買った。

 

 

そしてこれと別にエンジンオイルが必要。

 

 

本体を組み立てて。

オイルを80mlほど入れて。

ガソリンを充填。

早速試運転。

充電式とは違うパワーはさすがです。

 

エンジンと燃料、オイルが入った機械の重量感。

 

ストラップにつけて持つと。

それほど重く感じないのは個人差があるのだろう。

これくらいなら全然たいしたことはない。

 

ガソリン満タン。ちょうど一時間で燃料が切れる。そして振動。

 

もう少し連続して作業をしたい感じはするけど。

一時間程度で燃料切れ。

 

機械を下ろすと、手にしびれを感じる。

これがちょうどいい作業時間、休憩タイムなのかもしれない。

 

機械の音は、本人には感じないものですが。

このエンジン音はそれほど気にはならないはず。

 

田舎、早朝の草刈機の音は騒音レベル。

 

まとめると。

  • パワーがある。
  • 重くない。
  • 振動は感じる。低振動らしいけど。
  • 燃費は悪い?約一時間。
  • 排気は、臭くない。
  • オイルのメンテ、交換作業は面倒。
  • 作業している本人はうるさくない。

 

広告