マキタ刈払機。業務用として使うには、充電式よりエンジン式が必要かな。

広告



田舎暮らしには欠かせない道具の草刈機。

 

時代は。

エンジンから充電へ。

 

充電式の刈払機は。

  • 音が静か。
  • 軽い。
  • 燃料のにおいがしない。
  • 始動も楽。

 

なのですが。

 

最近、物足りなさを感じてきた。

 

電気充電式の容量では、稼働時間が足りないことが一番。

必要な作業量がこなせない。

 

エンジン式なら燃料を入れればいいのだけど。

電気だとバッテリーを充電する時間。

家に帰って、時間をかけて充電。

またそれから使うとなると非効率。

だから、バッテリーを買い足そうと思っていたのですが。

バッテリーは、一個あたり、なかなかの値段。

 

だから燃料式が必要かな。

 

マキタの刈払機。

燃料は、自動車のガソリン。

4ストロークエンジン。

一般的な機械は、混合燃料で2ストローク。

 

高いバッテリーを買うより現段階では。

機械本体を買うことにしよう。

こちらのほうが業務用、プロ、仕事用としてはふさわしい。

 

 

仕事の効率化。

これを使えば必要な時間だけ、機械は動かせる。

作業時間と量は確保できるはず。

 

機械の使い勝手。

これは使ってみないとわからないのが現実。

 

入手、使用したら。

充電式との比較、レビュー記事。

書きます。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。