山椒の芽が出た!と喜んでいたら。山に生えてた。

広告



昨年植えた山椒の苗から芽が出た。

 

数日前の、その記事。

 

今のところ8本のうち2本。

確率2割5分。

もう少し本数が欲しい。

芽がでるのを期待しているわけです。

 

家の裏の山でタケノコ堀り、伐採。そこにマムシ。

 

食べられるタケノコを探しながら。

そして、育ちすぎたものを伐採するため。

その理由

 

山の斜面を歩いているとマムシを発見。

凶暴なヘビ、マムシ。

 

人間を見るとすぐに襲ってくる生き物だと思っていた。

今回、発見したときは、移動中。

とぐろを巻いてじっとしていないときは。

すぐ噛まれることはなさそう。

 

もちろん距離をとって、見ていただけなので。

(捕まえてお酒につけてみようかな?一瞬思ったけど。)

 

いずれにしても障害物が多い山に入るときは。

長靴がいいかもね。

 

自生している山椒。

 

そんな山の中。

あれっ?

 

 

山椒が生えてる!

誰かが植えたのか。

自生していたものなのかは不明。

ただ、現在は大切に育てられている、管理されているものではない。

 

去年も同じように、山の植物を見てたはずなのに気づかなかった。

その観察眼がなかったこと。

もっと広い視野を持たなければ。

そう感じたのと共に。

今年は気付いたという進歩。

 

 

 

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。