城里町のコシアブラもらう。

広告



田舎では山菜の季節。

 

東京では考えられない生活。

この時期は、山菜の季節。

自然に食べものがはえてくる。

家には、タケノコとワラビがあって、勝手にとって食べていい。

 

「あげるものがある。』

 

近所の人がそう声をかけてくれた。

一体なんでしょう?

 

それはコシアブラ。

 

 

城里町産のものは、去年の時点では出荷制限がされていた。

同じような植物のタラの芽はセシウムの値が低い。

コシアブラだけが、出荷できなかった。

 

今年は解除されたのかな?

 

水戸産と表示された城里町産のコシアブラ。

セシウムの基準値越えが、売られていたらしい。

 

これは産地偽装。

 

セシウムよりも産地偽装が、重要、重大な問題。

城里町は、水戸市ではありません。

隣の市町村の町。

市より人口が少なく、村より多い町という行政区分。

 

セシウムの測定は、1キログラムあたりの数値。

基準値の約3倍だったらしい。

 

約140本。

 

ちなみに、もらったコシアブラは8本で57グラム。

一本平均7グラム。

1キロだと140本位を食べる計算。

内部被曝、セシウムの問題より、それは食べ過ぎ。

 

この程度の山菜を食べたところで。

たとえ1キロ食べても。

人体にまったく影響がない。

 

せっかくの季節の味覚。

 

そんなことを気にして食べないこと。

コシアブラを揚げた天ぷら。

食べたことがない人がかわいそうなくらい美味しい。

酸味と香りの季節の味。

 

 

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。