レタスの栽培。苗を定植しました。バーレーのサイクルトレーラーで運ぶ。

広告



レタスの栽培。定植編。

 

苗を運ぶのにバーレーのサイクルトレーラーを使いました。

 

 

三輪車だと苗が平らに入らないので。

バーレーのサイクルトレーラーの出番。

 

 

サイクルトレーラーは、自転車につけるのが本当の使い方ですが。

今は、自転車が使える状態ではないので。

手で引っ張ります。

 

問題は。

本来自転車につける接続部。

バーの位置は、タイヤの軸のあたり。

手で持つと位置が高すぎてかなり後ろに傾く。

傾斜がついてしまう。

サイクルトレーラーは、こんな使いかたをする人はいないだろうから。

 

重量感を感じない。

 

苗の箱を載せて手で引いても全く重量感を感じない。

三輪車は物を載せて運ぶと、相当重く感じる。

左右に傾くし。

バランスの良さ、この点もサイクルトレーラーを使うメリット。

 

載せられるのは、ちょうど育苗箱2個分。

手で運ぶよりは楽で、1個多く運べるけど。

作業としては、非効率。

やっぱり、軽トラほしいね。

 

 

レタスの苗を定植しました(途中)。

 

レタスの鉢上げ編はこちらです。

レタスの種まき編はこちらです 

 

広告