「プラリペア」で草刈機「スパイダーモア」の割れた「プラスチック部品」を修理する。

広告



プラスチック製品の修理には、新素材補修剤「プラリペア」。

created by Rinker
武藤商事(Muto Syouji)
¥1,145 (2024/07/18 04:29:28時点 Amazon調べ-詳細)

オーレックの草刈機「スパイダーモア」。「フィルターケース」が割れてしまいました。

スパイダーモアのプラスチック部品が割れてしまいました。

この部分はエンジンの吸気。

プラスチック部品のおそらく「ABS樹脂」。

エンジン内にゴミが入らないためのフィルターケース。

燃焼のバランスもくずれるかもしれない。

割れた原因は不明だけど。

可能性としては。

枝などに何度もひっかけた、ぶつけることもよくあるので。

作業中に何かにあてたから。

もしくは。

毎回の「燃料のポンピング」でカバーに手をかける部分。

あと止めているネジが1カ所。

片側はプラスチックのラッチなので。

強度が不足なのでは。

実際よく見るとこのラッチ部分も。

1カ所割れていた。

「高額な部品をメーカーから買う」よりも。

プラスチックの補修に。

「ボンド、接着剤で補修」できないかと探したところ。

「プラリペア」という製品をみつけました。

今回の草刈機に限らず。

一般的な「プラスチック」が割れて。

補修で治すことがあるかもしれないので。

一家に一つあってもいいかもしれない「プラリベア」。

使ったのは何にでも応用が効く色、クリアー。

「透明の商品」をとりあえず使ってみました。

普通のボンドとの違いはわからないけど。

「合成樹脂」と「専用リキッドを混合」して「硬化」させる「補修剤」だそうです。

「リキッド」は取扱要注意。

「引火性の液体」でニオイはかなり強烈。

「換気がいい場所で作業する必要」があります。

台紙に取り扱い説明書。

これが「プラリペア」。

付属の内容。

使い方の基本は。

「スポイト」で「リキッド」を「ニードル容器に移して」。

パウダーの「合成樹脂」に落として。

接着部分につける。

今回、補修、修理をしたい部品、部分。

「スパイダーモア」の吸気、フィルターケース。

補修をしてみたところ。

下手くそ。

気温が「35℃程度」あったので。

硬化する時間がかなり早い。

パウダーに落とした液体がすぐに固まってしまうので。

高温下での作業は難易度が高いのかもしれない。

接着面というより外側を塗り固めた。

そして、スポイトで落とす液体の量の調整が必要。

多すぎたかもしれない。

目的の補修した部品はくっついた感じで。

上からカバーをするので。

下手な補修箇所はみえない。

とりあえずこれで修理はよしとした。

テストをかねて。

数時間の草刈り作業を実施したところ。

結果。

接着した部分が再度割れてやり直し。

「初心者が簡単に修理できる補修剤ではない」らしい。

やはり「プラリペア」の補修に限らず。

道具を使うということは。

最初からうまくいかない。

何度かの経験、技術は必要。

created by Rinker
武藤商事(Muto Syouji)
¥1,145 (2024/07/18 04:29:28時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。