「ニホンミツバチ」と「自然栽培」のコラボレーション。「キンリョウヘン」を入手しました。

広告



「日本ミツバチ」を呼ぶという植物「キンリョウヘン」。

購入したのは「交配種のアクシデンタル」。

養蜂業界。

「日本ミツバチを呼ぶ植物」だということで有名な「キンリョウヘン」。

有名なわりには珍しい植物。

そして「育て方」を検索、調べてもよくわからない。

「ランの一種」だということなので。

「寒さには強くない」はず。

はじめて実物。

「キンリョウヘン」をみたので早速購入。

購入先のお店での話でも。

地植えで育てられる植物だけど。

「0℃以下では枯れる可能性がある」と教えてもらいました。

とりあえず「キンリョウヘン」栽培の練習として。

「高額で、純粋」な「キンリョウヘン」の半分の値段。

同じように「ミツバチを誘引する効果」はあるらしいので。

交配種の「アクシデンタル」という品種を購入。

根っこがかなり回っているので。

株分けができそうだけど。

「観葉植物と食用植物」の育て方のちがい。

また違う技術、知識が必要な気がする。

「暖かい時期」は。

「果樹の畑に地植え栽培」をすることで。

キンリョウヘンが開花。

自分で養蜂をしなくても。

日本ミツバチが果樹の受粉を手伝ってくれることによって。

ブルーベリーなどの「果樹」の実の付きがよくなる可能性。

「キンリョウヘン」栽培の最大の問題。

「この地域の寒さ」。

確実に冬はマイナス。

だから寒くなる前に掘り起こして「ポットに移植」。

ビニールハウスの中で温度管理をする予定。

うまくいけば交配種だけではなく。

「純粋なキンリョウヘン」も栽培。

「販売もする」つもりです。

created by Rinker
¥1,980 (2024/05/22 05:38:56時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。