「店舗経営」。「創業」が「現実味」をおびてきました。

広告



「創業融資」と「自己資金」。

管理会計を勉強。

created by Rinker
オーム社
¥2,200 (2024/05/22 03:58:02時点 Amazon調べ-詳細)

「自己資金がない」と「新たな事業」。「創業が難しい」という「ハードル」。

事業を始めたくても。

「自己資金が足りない」というハードルによって。

創業を「諦める」。

もしくは「先延ばし」にする人は多い。

個人的には。

「数字上」や「現実的な運営」に関する「店舗経営」のイメージをしていても。

「自己資金の不足」や「タイミング」で。

「ズルズル」先が見えない状態が続いていた。

「行き詰まっていたの」で何かのキッカケになればと。

「地元の商工会へ行ってみよう」。

「急に思い立って」相談に行ってみました。

創業融資に対する自己資金の要件が緩和されている。

「創業に必要なお金を借りる場合」には。

「融資額」の「半分、少なくとも1/3が必要」だといわれていた。

少なくとも数ヶ月前のセミナー。

公の開催する「起業塾」でも「借入額の1/3」という話でした。

「自己資金は増えていかない」ので。

だから「行き詰まっていた」。

「創業は保留していた状態」だったのですが。

今回商工会へ相談に行ったところ。

「融資額」に対して「1/10の自己資金」があれば。

「創業融資」が受けられる「可能性がある」ということ。

「日本政策金融公庫」にも確認がとれています。

「要件は変わっていない」ということだったけど。

「数ヶ月前の情報」。

「自分の認識」とは違って。

「資金面での創業のハードル」がかなり「緩和」。

「自己資金の不足で創業ができない問題」に関しては。

「クリアになった感覚」。

この条件なら「店舗経営」が「スタートできそう」です。

そして、いままで数年間の「テスト」。

「経験をしてきたこと」は。

この「開業、起業に向けた布石、準備」。

「現実的なスタート」に向けて動きます。

「管理会計の知識」をマンガで勉強。

created by Rinker
オーム社
¥2,200 (2024/05/22 03:58:02時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。