「刈り払い機」に取り付ける「ハンマーナイフアタッチメント」。

広告



アイデックの「うね草取りまーPRO」。

「トリプルフリージョイント式」の「AUT-TK17」を購入しました。

草刈りの作業の安全性、効率化。

「作物、樹木の根元」や獣害対策の「防護柵」。

「農業資材」の「防草シート、ビニールマルチ」など。

切りたくない「キワの作業性アップ」もできるはず。

created by Rinker
アイデック
¥26,490 (2024/06/20 22:27:59時点 Amazon調べ-詳細)

一般的に使われている「刈り払い機」。

「刃の部分」に取り付けるのは。

「回転部分が剥き出し」の「草刈り作業」。

飛散防止の「カバー」がついている草刈り機。

「ハンマーナイフモア」や「スパイダーモア」を使うと。

よけいに「刈り払い機の安全性」が気になっていた。

「チップソー」や「ナイロンコードカッター」には。

「チップソー」だと「草は切れる」けど「安全性の問題」。

「ナイロンコード」だと「機械に負担がかかる」。

「刈り払い機」の「パイプ、ドライブシャフト」に取りつけて使う。

草を「粉砕する機械」。

刈り幅は「12センチ」と「17センチ」の2種類展開。

どちらを買うか?迷ったけど。

まずは「17センチ幅」。

「広範囲で草を刈る」ことができる「刈り払い機のアタッチメント」。

アイデック うね草取りまーPRO トリプル フリージョイント式 AUT-TK17」を。

購入しました。

created by Rinker
アイデック
¥26,490 (2024/06/20 22:27:59時点 Amazon調べ-詳細)

2キロ以上の重量。転がして使うアタッチメント。

到着して箱を開封。

中身。

裏側。

2キロ以上の重さがあるので。

刈り払い機の先につけても。

浮かしてつかうことは無理。

タイヤで「地面を滑らす作業」になりそう。

そして普通刈り払い機での草刈り作業は。

「左から右にかけて草を刈る」のに対して。

このアタッチメント。

アイデック うね草取りまーPRO トリプル フリージョイント式 AUT-TK17」ではその逆。

「右から左に滑らせる作業」になるらしい。

created by Rinker
アイデック
¥26,490 (2024/06/20 22:27:59時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。