東芝オーブン。「ノンフライモード」で「唐揚げ風」の調理。

広告



東芝の石窯ドーム「ER-SD3000-W」でヘルシーな唐揚げを目指す。

「油であげないオーブン調理」をテストしてみる。

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥29,800 (2024/06/20 15:37:52時点 Amazon調べ-詳細)

揚げ油の価格上昇。

「食材価格の高騰」。

「ヘルシー志向」のイメージを考慮。

から揚げの料理も。

「油を使って揚げる調理方法」ではなく。

オーブンをつかった調理を試してみる。

東芝 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム ER-SD3000-W」。

「デフォルトの設定」。

「ダイヤルメニュー」で「ノンフライ」。

「4」の「鶏のから揚げ」モード。

「市販の唐揚げ粉」に1日漬け込んで。

表面に「油をまとわせた鶏肉」を使ってテスト。

「19分で出来上がり」の予定。

「油で揚げない鶏のから揚げ」が完成。

「パリッとしていない」のと「焼けのムラ」が問題。

肉を触ると「焼けている様子の固さ」。

このカットしてある「一口サイズ」では。

もしかしたら「焼きすぎ」かもしれない。

いくつか食べると。

肉質は固くはなっていない。

ただ「1番の問題」は「表面がパリッ」としないで。

「しっとり」している状態。

これでは「唐揚げではない」。

そして肉を裏返して「B面」。

耐熱ガラスの皿に触れている「下部」。

「生焼け」かも。

「オーブンのデフォルト調理」では。

上部と下部の焼けのムラ。

「火の通り」が心配。

「マニュアルを読まずに調理した」のが悪い。

そして「耐熱ガラスのお皿」を使ったこともよくないのか?

いずれにしてもこのままではダメ。

工夫が必要です。

「ダイソーのシリコーンマット」を使うのもアリかもしれない。

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥29,800 (2024/06/20 15:37:52時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。