「プルコギチキン」。応用で「プルコギチキンピザ」を作りました。

広告



「市販のプルコギのタレ」に漬け込んで焼いた「鶏ムネ肉の料理」。

「タレを漬けた肉」を焼くには「オーブン調理」が便利です。

「市販のプルコギのタレ」は。

個人的には甘すぎる。

でもこの「甘い市販のタレに肉を漬け込む」と。

「豚の薄切り肉」を焼いても。

「肉が柔らかい状態」に仕上がるという新たな発見。

そこで「パサつく鳥のムネ肉をつかったプルコギ」を試してみる。

フライパンで焼くとタレが焦げて。

肉に火を通すのが難しいので。

火が通りにくい肉の加熱。

特に「鳥のムネ肉」は。

オーブンを使って加熱調理をする。

「パサツキ感はない」けど。

少し焼きすぎた。

そして「肉をカット」して。

「1日程度タレに漬け込んだ」のに。

焼き上がりのとり肉は「薄味で甘くて」。

何か物足りない。

「塩、醤油、こしょう」などで味の調整。

「不足している何か」を補うテスト。

結果。

「白い胡椒を挽く」のが。

今のところ「暫定1位」。

「鶏むね肉のプルコギチキン」を具材にしたピザ。

応用として「プルコギチキンと卵のピザ」。

「親子丼の変化系」をイメージ。

ピザ生地でバウンドさせる食べ方をテスト。

210℃で余熱したオーブンに入れてから。

5分程度加熱。

「香ばしさ、焼き目が足りない」ので。

「バーナー」を使って焦げ目をつけました。

「鶏むね肉のプルコギチキン」を具材にしたピザ。

試食をすると「まずくはない」。

でも、残念ながら。

これではまだ「味、食感」に「インパクトがない」。

「肉の切り方」など「下処理の段階」で。

「改良、改善が必要」です。

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥36,800 (2024/04/24 07:16:21時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。