難航した「オーレックのスパイダーモア」。「SP431F」の「刈刃の交換作業」が完了しました。

広告



「オーレックのスパイダーモア」。「刈刃の交換作業」には「技術、知識」が必要です。

簡単だと考えていた「スパイダーモア」の「刈刃の交換作業」でしたが「初見の素人には無理」でした。

数カ所のボルトを外して刃を交換するだけ。

簡単な作業だと思っていた「オーレックのスパイダーモア」。

「SP431F」の「刈刃の交換作業」。

最初は自力、素人には無理でした。

でも「交換方法がわかった」。

「方法をみた、教えてもらった」ので。

次回からは「自分でできます」。

ただ「道具、工具は必要」かもしれません。

「硬い袋ナット」には「緩みどめ」の処理がしてあります。

人力、手では回らなかった「袋ナット」。

「電動工具を使えば外せる、回る」と思ったら。

「ウチの機械では非力、無理」でした。

「自力でボルトを外すのは無理」と判断したなので。

「クルマ屋さん」に相談すると

いとも「簡単に」そして「淡々と」。

ひとりは「万力」に挟んで「人力」で。

もう一人は「エアのインパクト」。

「2種類の方法」を見ることができました。

なんでこんなに硬いのか?と思ったら。

「回転部分の安全性」。

「刃の取り付け部分」の「ナットが硬い理由」は。

「緩みどめ」の処理がされている。

「袋ナットの中」の「赤い色」。

「プロの人」だと「部品をみて」すぐわかるらしいです。

ウチに必要な工具、道具は「万力」と「プーラー」と「ラスペネ」。

まず硬いのがこの「袋ナット」。

この部分は「自力、人力で外せた」のだけど。

そのあと。

2個あるうち片方が「機械に固着」。

「クルマ屋さん」は「ワコーズのラスペネ」。

「プーラー」を使って「取り外しの作業」。

「外れれば」あとは「取り付ける」だけなので。

あとの「取り付けは自分でやってみる」。

「刃が干渉しない」ように「取り付け」。

「刈刃を交換」。「取り付けができた」ので試運転。

「草刈り作業効率をアップ」する目的。

「スパイダーモア」の「刈刃の交換作業」を。

「素人が初見」でやった結果。

「数週間、数ヶ月分の作業ロス」を経験しましたが。

順調に草刈り作業が進みました。

created by Rinker
ワコーズ(Wako's)
¥2,222 (2022/10/05 19:58:54時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。