2サイクルエンジンのマキタ刈り払い機「MEM2600L」を初使用。

広告



予想以上の振動。

マキタ刈り払い機「MEM2600L」を試運転。

燃料漏れと調整。

初期不良で修理に預けていた刈り払い機を初使用。

左手でルーブハンドル。

右手でスロットルレバーを握って草刈りの作業。

よくある「U字ハンドル」ではなく「ループハンドル」。

「軸にアクセルスロットルレバー」がついている。

はじめて使うタイプ。

第一の印象。

「ストラップの長さ調整が難しい」。

「ストラップが長い」と肩から外れるので。

機械を手で支えながらの作業。

「握力が持っていかれる」のでかなり疲れる。

「短い」と「刃がいい感じで地面につかない」ので。

「腰を曲げての作業」になりこれもつらい。

今後、使いながら「いい体勢」。

「持ち手の位置などを調整」しながら使うことになる。

振動がすごい。

2サイクルエンジンだからか?

刈刃がかけているとか?

バランスが悪いのか。

「ジズライザー」をつけたらよけいに振動。

逆効果。

現在ストラップがきいていない上に。

「軸を持つタイプ」なので「直に腕や手に振動」。

「ジズライザー」を外したら振動は軽減したけど。

原因を探るため。

「刃を新品に変えてテスト」すると振動がなくなった。

でも気のせいなのか?

使っていると回転数が上がっていく。

修理で「スロー調整」をしたとのこと。

でも回転数が安定していない気がする。

低くて調子が悪いわけではなく。

速すぎて持てないほどの回転、振動。

もう一度調整修理。

メーカーに持っていく可能性もある。

なお「ループハンドル」のタイプは。

「U字ハンドル」よりも

「狭いところ」に入りやすい。

枝が邪魔な「樹木の根元」の草刈り。

そして「腕を伸ばして刈る距離が調整できる」ので。

「斜面の草刈り」が得意らしい。

「違うタイプの刈り払い機」を使ってみると。

「理想の組み合わせ」は。

持っている機械とは「逆」。

「2サイクルエンジンの刈り払い機」で「U字ハンドル」。

「4サイクルエンジンの機械」で「ループハンドル」。

ハンドル部分の改造、改良。

燃料系統が関係ない箇所。

電気の部品なら付け替えができるかもしれない。

created by Rinker
北村製作所
¥1,675 (2024/07/25 07:29:11時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。