草刈り機に「ジズライザー」。選んだのは「荒地用」の「ワイド120」。

広告



草刈り、刈り払い機の補助道具「ジズライザー」。

created by Rinker
北村製作所
¥1,530 (2024/05/22 12:00:49時点 Amazon調べ-詳細)

刈り方によって「10種類」の製品を選ぶ。

ホームセンターなど、お店に売っている「ジズライザー」。

「使ったことはない」けど「製品は知っている」。

「草刈り機」の「刈り刃の下につける」だけの「補助器具」。

「地面を滑らす」ように「草刈り作業をする」ことによって。

作業の低減ができるらしい。

「振動が抑えられる」ということで。

「草刈り作業の手のしびれの低減」も期待ができる。

マキタの刈り払い機の重心。

「刃の部分を重くしたかった」のと。

「草刈り作業の労力の軽減」が目的。

ホームセンターの店頭に置いてあった冊子。

マンガで商品、製品の違いがわかる「ジズライザーの冊子」。

持ち帰って読んでみる。

店頭に、数種類の製品は置いてあっても。

違い、使い分けがわからなかった。

マンガの冊子をみると。

「製品は10種類」あります。

「イネ科の草」は「成長点が土の下」。

「5センチ程度草を刈り残す」と。

「生育が抑えられる」。

「事実、検証はできていない」けど「よく聞く話」。

「普通に草を刈ると地面のキワ刈り」になる。

でも「5センチでの高刈り」ができる製品も「2種類」。

「刃とナイロンコード」の併用ができる「ハイエアー50」。

気になるところですが。

「小石」や「つる性の草」の多い「荒地」の作業なので「ワイド120」。

今回メインで草刈り作業をしたいのは「荒地」。

「石」や「草」、「地面のでこぼこ」が多い土地を作業する。

そこで選んだのは「ジズライザー ワイド120」。

created by Rinker
北村製作所
¥1,530 (2024/05/22 12:00:49時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。