「ロックウールに挿し木」をした「ブルーベリーの穂木」を「ポットに植え替える」。

広告



「ブルーベリー」は「9月」が「植え替え、植え付けの適期」。

挿し木をしたブルーベリーの穂木。

今まで「挿し木」を経験した植物の中で。

「ブルーベリー」は成功率が悪い。

難しい印象。

そこで今シーズンは「ロックウール」。

春に資材をつかって。

挿し木のテストをした結果。

9月の時点で。

「発根はしていない様子」だとしても。

枝を見ると「木は生きている」。

「葉っぱもついている状態」をキープできている。

「9月はブルーベリー」にとって「植え替えや、植え付けに最適な時期」だという。

参考にしているブルーベリー農家さん。

ユーチューブの動画によると。

9月はブルーベリーの根が動き出す。

「植え替えや、植え付けに最適な時期」だという。

「発根はしていない」けど。

「挿し木をした穂木」の管理をし直すちょうどいい時期。

「鹿沼土とピートモス」を一対一程度で混合用土にしてみた。

「移動ができる不織布でのプランター栽培」をテストする予定。

来春は。

より作業の手間を省くため。

「挿し木の時点でポットを使う」予定。

そして苗木がうまく育ったら。

「畑への地植え」だけではなく。

「移動ができる不織布でのプランター栽培」をテストしてみたい。

「不織布のプランター」は「軽くて水分の抜けがいい」。

「夏場の水やりは手間がかかる」けど。

「冬場は暖かいところへ移動する」ことで。

「寒さ、日照条件の悪さをカバーできる」はず。

そしてうまくいけば。

ほかの「多年草の作物栽培」にも「応用が効く」。

created by Rinker
大和プラスチック
¥589 (2024/04/12 20:09:10時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。