2022年度版「ドライトマト」。「低温のオーブンで長時間加熱調理する」。

広告



予熱したオーブンで「100℃で90分」。

夏の暑さが嫌いなトマト。

夏野菜の代表といわれる「トマト」ですが。

夏の暑さ。

やはり「30℃を超える」と「トマトは生育を止める」。

猛暑を過ぎた8月の中旬のお盆を過ぎてから。

これからの時期が「トマトの収穫シーズン」になるはず。

ひとまず「第一弾で採れたトマト」を「ドライトマト」にすることにした。

「3品種」をドライトマトの加工テスト。

「トマトの露地栽培」は難易度が高い。

生育が順調だったとしても「雨が降る」とかなりのダメージを受ける。

そのなかでも栽培できそうな「小さめな品種」。

「マイクロトマト」「グリーンゼブラトマト」「ひとつは名前を忘れた」。

これら「3品種」を「ドライトマト」調理のテスト。

いろいろなレストランの「ドライトマトの作り方」。

動画やレシピを観ていると。

「オーブン」を使っている。

以前は「オーブン」がなかったので。

「食品乾燥機」を使ってドライトマトを作っていた。

2022年シーズンは「オーブン」を使ったドライトマト作り。

「横半分に切る」ことにより「水分を飛ばしやすくする」。

「ドライトマト」は「低温のオーブンで長時間加熱する」のが。

参考にしているレシピで「共通している点」。

水分を飛ばしやすいように横半分。

「横半分」に切ったトマトをオーブンの皿に並べて。

上から少し強めに塩をパラパラ。

「100℃で予熱」しておいたオーブンに90分。

本当は「92℃」設定をしたかったのだけど。

ウチのオーブンは「最低温度は100℃」。

そして「連続の加熱時間」は「90分まで」。

「仕上がりを試食する」と。

かなりの「味の凝縮感」。

知っているトマトの味ではない。

「長期保存の目的」なら。

やはり「もう少し長い時間加熱」。

水分を飛ばしてもいいかなとは思う。

でも、これ以上加熱すると。

「皮が苦くなる」気がするので。

この状態を「ベース」に「微調整」していく。

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥28,310 (2024/07/24 10:29:10時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。