「手でこねる作業」は「3分だけ」。「バジルのフォッカチャ」。

広告



「最初のこねる作業」は「フードプロセッサー」。

「フォカッチャ」を「作る方法、レシピ」はいくつもある。

三國シェフのYouTube動画を参考に。

「フォカッチャ」を作ってみました。

「YouTubeの動画」や「料理本」で。

「フォカッチャの作り方」を調べると。

たくさんのレシピがみつかる。

様々な作り方がある。

その中でも「粉をこねる作業」。

労力をおさえた作り方。

材料は。

強力粉、水、ドライイースト、塩とオリーブオイル。

バジルなど好きなハーブ。

フードプロセッサーに材料をいれて数分。

2、3分くらい回す。

生地がまとまるのでボールに入れて。

乾燥を防ぐため「表面にラップ」をして。

「一次発酵」を待つ。

約30分休ませて。

生地が発酵して膨らんだら。

今度は「てごね」。

3分間。

型に入れて「二次発酵」。

30、40分程度して。

「180℃で予熱したオーブン」で「30から35分」焼く。

次は「違うハーブ」を入れたフォカッチャを作ってみる。

食べる前に「たっぷりのオリーブオイル」と。

軽いサクッとした食感で。

塩味が強い「マルドンの塩」をかけた。

「昔食べたフォカッチャ」とは「違う食感」。

フォカッチャだから。

普通のパンと比べれば「軽くはない」。

でも「重く、硬くもない」。

表面の「焼いた香ばしさはない」けど「かなり美味しい」。

いい出来です。

今回は「ジェノベーゼバジルを使ったフォカッチャ」。

次は違うハーブの「タイム」を入れて作ってみる予定。

「タイム」のほうが「ローズマリー」に香りが近いので。

「フォカッチャらしい」味に寄せられるかもしれない。

created by Rinker
マルドン
¥548 (2024/04/12 05:01:01時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。