パソコンの作業環境改善に「ワイヤレスキーボード」を検討中。

広告



「マック対応」で「テンキー」が付いている「ロジクールのワイヤレスキーボード K370s」。

第一候補は「ロジクールのワイヤレスキーボード K370s」。

現在「パソコンの作業環境」は。

「MacBook Air」に「KOORUIの27インチのモニター」。

「ノートパソコンを外部のモニターに接続」して使うと。

「画面を半分閉じた状態」でキーボードを打っている。

「ノートパソコンの画面が邪魔」。

打ちにくい。

そこで「無線のキーボード」を検討中。

現在「ロジクールのK370s」が第一候補。

値段が2,000円台だということ。

「マック対応」で「テンキー」がついているのもいい。

ノートパソコンだと「数字を打つのに不便」だった。

そして近いうちに。

「ロジクールのトラックボールのマウス M575S」が届く。

これでウチの「MacBook Air」。

「家で使う場合の存在意義」としては。

「単純に経由をする機械」。

「入力や操作」の作業で触れることがなくなるのは。

ある意味さみしい。

とはいえ「アップルのマジックキーボード」は値段的に手が出ない。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい野菜や食べ物。 みんなで共有できたらいいな。 それで、固定種、無肥料の自然栽培やってます。 畑とAIをつなぐこともテーマ。 Python勉強中。