「自然栽培のニラ」が「収穫、販売」ができそうなので試食。「ニラ玉」を作ってみました。

広告



「自然栽培のニラ」を試食。「普通のニラとは違う」。

「一般的なニラ」の「繊維質」と「匂い」は。

「作物、植物本来、由来のものではない」のかもしれない。

「ニラの料理」といえば、思い浮かぶのは「ニラ玉」。

自然栽培の「ニラ」。

そろそろ「収穫、販売」ができそうな「大きさ、雰囲気」なので。

ニラを味見、試食。

今まで「作ったことはない」。

「レシピも知らない」けれど。

「ニラの料理」といえば、思い浮かぶのは「ニラ玉」。

「ニラ」は「鍋料理」にも使う「食材、材料」だけど「5月」。

今の時期の料理としては、使い道が違う。

「シンプルな材料」で「家庭で気軽にできそう」。

「みんなが好きなテッパン料理」なので。

「卵料理の練習」も兼ねて、作る料理は「ニラ玉」。

「一般的なニラ」よりも「ニラくささ」が少ない。

材料のニラは。

ウチの無肥料自然栽培。

写真をみると。

「カタツムリのふん」がついています。

もちろん食べる前に洗い落としました。

一般的なニラと比べると。

まだ長さは短い。

スーパーで買った「卵を2個」。

少しの塩と水分を入れて、混ぜる。

ニラを炒めると香りが立つ。

使ったのは「IH対応の鉄のフライパン」なので。

油断をするとすぐに焦げる。

「フライパンに」ではなくて。

「卵をといたボウル」。

「炒めたニラ」を「卵液」にあわせ入れて。

「混ぜた材料」を「熱したフライパン」へ。

ここで混ぜると卵が油を含んで。

「油っぽい料理」に仕上がってしまう。

「少し多めの油」を使った「強火の調理」なので「かき混ぜない」。

完成した「ニラ玉」は少し苦かった。

卵を焼いた香ばしさは欲しい、必要。

「焦げていない」けど「微妙に焼きすぎ」な感じ。

素材としての「ウチのニラ」は。

「一般的なニラ」よりも「ニラくささ」は少ないので優しい味。

「ごま油など調味をもっと加えてもいい」し。

「味の改善の余地はある」。

普段は卵を食べない。

「卵を2個」も食べると「重い」ので。

「半分残してあとで食べようか」とも思っていたけど。

「ペロっと」。

「軽い感じ」。

「一食」で食べ終えました。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい野菜や食べ物。 みんなで共有できたらいいな。 それで、固定種、無肥料の自然栽培やってます。 畑とAIをつなぐこともテーマ。 Python勉強中。