ルッコラの畑を「草取り作業中」。筋肉痛になる。

広告



さすがに「一気に同時に伸びる草を抑える」のは大変です。

春に畑にタネを直接まく。直播をするとこうなる。

葉物のルッコラ。

ここまで育っても「味」としては。

「寒さにあたった栽培時期」のもののほうが。

確実に美味しい。

2022年4月下旬。

畑の状態。

「ごんべえ」でタネをまいた「ルッコラ」。

無事に発芽をしている様子。

そのあと2回。

中耕除草機の「たがやす」で除草作業。

2回除草の作業をしたにもかかわらず。

約1ヶ月経過した5月中旬。

こうなる。

数日で「スギナ」に覆われた。

わかっていることだけど作物のタネをまいた畑は。

「スギナ」に覆われた。

スギナを除草。

こうなると「手作業での草取り」をするしかない。

サイズ的には、ここまで「あえて伸ばしたほうが切りやすい」。

わざと伸ばして「切りたいタイミング」で切るほうが。

結果的に「作業の効率がいい」。

春に、畑にタネを直接まく。

直播をすると。

畑は、2、3日で。

このような「草に覆われた状態」になります。

ウチの場合の「除草」。

草を抑えて作物を成長させる栽培。

「薬も肥料も使わない代償」として。

筋肉痛。

「収入にはならない重労働の仕事」が「同時期に多発」する。

畑以外も同じように草が一気に伸びるので。

「お金にならない仕事の量」も一気に増える。

「農業の一つの難しさ」としては。

「収入にはならない仕事」が「単発」で。

しかも「同時期に多発」すること。

おまけにかなりの「重労働」。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい野菜や食べ物。 みんなで共有できたらいいな。 それで、固定種、無肥料の自然栽培やってます。 畑とAIをつなぐこともテーマ。 Python勉強中。