「自然巣枠でラクラク はじめての自然養蜂」。一つの問題提起「巣箱の木材、材質」。

広告



住宅を設計する二級建築士の著者が開発をした「か式巣箱」。

「かねたろう」さんの「か」なので「か式」。

ミツバチを飼育するための参考本。「自然巣枠でラクラク はじめての自然養蜂」。

created by Rinker
¥1,980 (2022/05/25 22:52:27時点 Amazon調べ-詳細)

田舎での農業「無肥料の自然栽培」。

「果樹栽培」していれば「養蜂」。

「受粉の手助け」をしてもらうのと「ハチミツの採取」。

「ミツバチの飼育」にも興味がある。

そこで養蜂、ミツバチの飼育に関して読んだ1冊目がこの本。

自然巣枠でラクラク はじめての自然養蜂」。

養蜂でよく聞く「問題点を解決、解消する」ヒント。

ウチの近所でも実際に「ミツバチの飼育をしている人」はいるし。

耳にする「風の噂」。

養蜂に関しての共通。

一般的な常識や問題が存在している。

「養蜂、ミツバチの飼育」に関して「1冊目」。

「はじめての本」なので。

「都道府県への届け出」など。

まったく「知らなかったこと」もたくさんある。

「ミツバチの巣箱」の材質。「スギ」は適していない。

住宅を設計する二級建築士の著者が開発をした「か式巣箱」。

従来のミツバチ飼育の巣箱と比べて。

設計だけではなく「一番の違い」は「巣箱の材質」。

人間の木造住宅の設計する「建築士」だから気がつく。

「人間の住居の問題」から「ミツバチの巣箱」。

「木材、材質に注目」している点。

「地域循環型の有機農業の考え方」では。

地域の資源を有効活用。

安価で手に入りやすい木材。

「廃材」を使って「ミツバチの巣箱」を作りたくなるけど。

「スギ」がよくない。

「巣箱に湿気」がたまって「害虫のダニやスムシ」が発生する問題。

「原因の一つがここにある」という。

「巣箱の材質」として。

「スギ」は「湿気をためやすい」など。

「ヒノキ」は「ミツバチが嫌うにおい」。

「ミツバチの住む環境」。

「巣箱」としては不向き。

最適なのは。

「湯桶など」に使われる「高価な材木のサワラ」だそうです。

「か式巣箱」は「ネット販売」もされているので「試しに一個」。

巣箱を買って「養蜂にチャレンジ」してみようかと思ったら。

やはり「木材自体が高級」。

気軽には買えない「いい値段」がしますね。

「ミツバチの飼育方法」はもちろん。

「巣箱の作り方」も丁寧に書かれているので。

趣味としても。

「養蜂に興味がある人」にオススメな本。

created by Rinker
¥1,980 (2022/05/25 22:52:27時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。