「草木染め」。「樹木の剪定枝」を「活用、利用する方法」。

広告



「オーガニックに興味がある人」が好きそうです。梅の枝で「梅染め」。

created by Rinker
¥3,080 (2022/08/09 11:02:56時点 Amazon調べ-詳細)

「不要な樹木の剪定枝」を「活用、再利用」したい。

樹木の管理。

「食用の実」を収穫するために必要な「剪定の作業」。

大量に出る「樹木の剪定枝」。

水に挿しておくと。

ツボミが膨らんで、「花も咲く」ので。

多少は「観賞用として使える可能性」は感じている。

でも現時点では、ほとんどが不要。

燃やす、捨てることになる。

無駄にするよりも。

不要な樹木の剪定枝を「活用、再利用」したい、と思っていたところ。

新たに「草木染め」に使う「利用方法」の情報。

「草木染め」は、樹木の「樹皮や枝」を「煮出して色を抽出する」。

「草木染め」どころか。

「服飾関連の知識」はまったくない。

そういえば「梅の木で染色」の話を先日「チラッと聞いた」。

そして「ニュースの情報」。

もしかしたら。

樹木の「剪定枝の再利用」ができるかもしれない。

少し調べた「草木染め」。

「樹皮や枝」を煮出して抽出した液で「染め物」。

「繊維に色をつける」というもの。

「煮出すため」に「剪定枝を使えば」より有機的。

「草木染め」の「大きな需要はない」かもしれないけど。

「オーガニックに興味がある人」が好きそう。

ウチの作物は、完全に「自然の力で育った樹木」なので。

「食べる目的、口に入れる」だけでなく。

「肌に触れる目的」の商品としても「差別化」ができる。

現段階で「剪定して出た枝」で試作ができるのは。

「梅染め」用の「梅」。

「ブルーベリー」と「キウイ」。

そして、うまく栽培ができれば「ブドウ」。

ほぼ成功の「オリーブ」と「イチジク」。

今後は、剪定枝の量が増える。

実は、不要だと思っていた剪定枝。

「燻製、スモーク」に使ったり。

他にも「使い道がある」かもしれない。

「草木染め」をするための「熱源」。

「煮出すための熱源」としても。

「ガスや電気」ではない「剪定枝」。

「不必要に燃やす剪定枝」で火を起こして「煮出せば」。

かなり「有機的」です。

「燃えカス」は「灰」として。

また何かに使えるかもしれない。

created by Rinker
¥3,080 (2022/08/09 11:02:56時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。