梅の剪定作業を開始。「電動の剪定バサミ」が「オススメ」です。全然手が疲れません。

広告



「Elikliv 充電式剪定ばさみ」で「梅の木」の「剪定作業」を始めました。

「梅の剪定作業用」に準備しておいた「Elikliv 充電式剪定ばさみ」。

「マキタのバッテリー」を使って動く「電動の剪定バサミ」です。

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥14,600 (2022/01/16 23:00:00時点 Amazon調べ-詳細)

力を使わずに「硬い梅の枝」が「スパッ」と切れます。

12月、「梅の剪定時期」になったので。

手入れ、梅の剪定作業を開始。

使い始めた「Elikliv 充電式剪定ばさみ」は、大活躍。

「トリガーを握る」と「ハサミが動く」。

「トリガーを引く」ための「軽い力」は「必要」だけど。

枝を切っても、ぜんぜん疲れない。

「手作業」での剪定。

「普通の剪定バサミ」で「作業をしたことがある人」ならわかるはず。

切ったときの手に返ってくる「ハサミの衝撃」もない。

そして、今まで「2センチ程度」の「太めの梅の枝」は。

「剪定バサミでは切れない」ので「ノコギリ」を使って切っていた。

この「ノコギリを使うレベル」の太い枝も。

トリガーを引くだけで切れる。

「力のない人」や「女の人」でも。

楽に剪定ができます。

「手が疲れないメリット」だけではなく「切る時間」。

剪定作業の効率化。

「作業の時間、全体が早くなる」。

今までの「手作業の剪定」よりも「少ない日数」で「仕事が終わる」。

「ギコギコはしません」。「ハサミを入れたらスーッと」。

基本的に、この梅の畑の剪定作業には。

「電動バサミ」が「1本」あれば。

もう「ノコギリ」はいらない。

「ギコギコはしません」。

そして「使う道具を減らす効果」は。

「持ち歩く必要がなくなる」だけでなく。

「持ち替える必要」がなくなったこと。

「持ち替える作業時間も短縮」できる。

よほど「太い枝を落とす必要」があるなら。

最初に見極めて。

「ハンディーのチェーンソー」を使う。

「収穫」と「草刈りの作業」がしやすいような樹を作る。

今回の「剪定の狙い」。

もちろん「第一」は「収穫量の維持と増やすこと」。

「収穫作業」がしやすいように「枝を作る」のと。

「収穫、剪定」ともに「ハシゴを使う高所作業」を「なくす、減らす」。

そして「草刈りの作業」の効率化。

「低すぎる枝」は「草刈り作業」の「邪魔、障害物」になることがわかった。

「スパイダーモア」で「木の下を通れる」ような「手入れ、剪定」。

「機械、道具」を「駆使」使って。

「農作業の効率化」を図る。

ホーム » 製品レビュー » 農作業の道具 » 梅の剪定作業を開始。「電動の剪定バサミ」が「オススメ」です。全然手が疲れません。
a

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。