IH対応の「鉄のフライパン」に油を馴染ませて、「くっつかないように加工」。「目玉焼き」を焼いてみました。

広告



「使い方が難しい」、「手入れが大変」だと思われている「鉄のフライパン」。

鉄のフライパンの表面に「油の塗膜を作る」加工を施してみました。

確かに、買ったばかりの「鉄のフライパン」は使いにくい。

これは、「IH調理器対応」の「鉄のフライパン」。

created by Rinker
パール金属(PEARL METAL)
¥1,656 (2021/09/23 01:00:20時点 Amazon調べ-詳細)

空焼きをして、そのまま使うだけ。

油の量や、火加減の調整だけでは。

材料が「フライパンにくっついてしまう」ことが多くて、使いにくい。

そして、食材を選ぶ。

トマトを調理するには不向き。

「買ってから数年が経過」しているので、いまさらですが。

鉄のフライパンに「くっつかなくなる加工」。

表面に「油の塗膜を作る」作業を試してみました。

塗膜を作るには。「油を入れて熱する」、「冷やす」を数回繰り返す。

フライパンの表面に油の塗膜を作るには。

「油を入れて熱する」、「冷やす」を数回繰り返す方法。

使う油にも、特性があって。

ウチで使っている調理用の油は「ひまわり油」。

ちょうどこの「ひまわり油」が。

「鉄のフライパンの塗膜を作る」のにも「適している」という。

「煙が出るくらい」まで「油を熱する」ので。

火が出る可能性。

慣れていない人は、少し危ない。

怖いかもしれない。

少し多めの油をフライパンに入れて。

キッチンペーパーで塗りながら。

煙が出るくらいまで熱したら。

油を切って、捨てずに残しておく。

シンクに水を流して、水道は止めて。

フライパンの底面にあてる。

表面に水を入れると、飛びはねる恐れ、危険なので注意しながら作業をする。

コレを数回繰り返す。

5から10回くらいか。

このくらいの回数「熱する、冷やす」を繰り返しても。

フライパンの表面は、見た目、触った感じも。

加工前とは「それほど違いがない」ように思える。

「鉄のフライパン」で調理、焼くテストをするなら「目玉焼き」。

さっそく調理テスト。

鉄のフライパンで目玉焼き。

IH調理。

わりと高温「IH調理器で10の強さ」でフライパンを熱して。

少量の「ひまわりオイル」を入れて。

「たまご」を一個投入。

フタをせずに焼く。

「白身」の「フチ、底」が「カリッ」と焼けて。

メイラード効果。

「IH」なのでフライパンを「ガス台のように強くぶつけて剥がすことはできない」ので。

「菜箸で目玉焼きを触る」と。

すぐにはがれる。

今まで以上にくっついていない。

ということは、鉄のフライパンの塗膜。

くっつかないようにする加工は成功。

そして「黄身」は「トロける」目玉焼きが完成。

created by Rinker
パール金属(PEARL METAL)
¥1,656 (2021/09/23 01:00:20時点 Amazon調べ-詳細)

広告