アイリスオーヤマのサーキュレーター。「STF-DC15T」を買いました。

広告



見た目、使い道、共に。「未来的な感じ」がする商品。

同じメーカー。「アイリスオーヤマの扇風機」よりも「コンパクト」で「カワイイ」。

住んでいるのは、田舎の広い家。

昨年買ったアイリスオーヤマの扇風機。

我慢していたけど、コレ1台では足りないので。

「DCモーターの扇風機」。

同じ機械、機種をもう一台買うか?

それとも。

サーキュレーターにするか?

迷ったけど。

買ったのは、サーキュレーター。

「STF-DC15T」。

「違いを比較、試してみたかった」のも選んだ理由のひとつ。

届いた箱。大きいと思ったら、組み立ていらず。

届いた瞬間。

「箱が大きい」という第一印象。

箱を運送会社の人から渡されると。

ビックリするほど、かなり軽い。

マニュアルによると、「2.4kg」。

ペットボトル一本分より少し重い程度。

女の人や、高齢な人でも。

片手で持てる。

運べる。


今週が、今年の夏。

夏の「暑さのピーク」かもしれない。

だから、届いたサーキュレーターをすぐに。

さっそく、使う。

「組み立てる」つもりで箱を開ける。

箱から出すと。

なんと、組み立ていらず。

ビニールをとって。

電源をコンセントにさせば、すぐ使える状態。

だから、外箱が大きかった。

コンパクトでカワイイ。未来的な動き。

動きがロボット。

見た目が、ペットのような。

ドラえもんっぽい。

未来的な感じがする商品。

扇風機と比較すると。

かなり小さい。

コンパクトで丸い。

上からみると。

サーキュレーターを置くスペース。

直径20センチ内、「手のひらサイズ」に収まる。

高さは、普通に扇風機くらい。

風が遠くまで届く、空気を循環させる「サーキュレーター」なので。

「田舎の家向き」の製品かと思っていたら。

限られたスペースの都会の家。

「都会生活にも便利」。

空調として、冷房と併用するなら「扇風機」よりもオススメだし。

洗濯物が乾きにくい梅雨時期の「部屋干し」には。

首振りが左右だけでなく「左右と上下」の動きが活躍する。

機能的にも、見た目としても。

一台は、「サーキュレーター」が家にあったら使い道が広がる。

操作部も青い光。

デザインもいい感じ。

収穫した作物、特に「土もの」を乾かしたいと思っている。

この製品、アイリスオーヤマの「サーキュレーター」を試してみたかった大きな理由は。

大きな設備がない「小規模な農家」にとって。

「収穫後の農作物の品質管理」に助けになる。

適しているのではないか?

DCモーターなので、ランニングコストが低減。

「電気代が安い」のがメリット。

土から掘って収穫した作物。

特に、梅雨時期に収穫する必要のある作物。

ジャガイモやニンニク。

掘ったままではよくない、乾かしたい。

水で洗浄、洗いたいけど。

これも腐敗や、カビの恐れがある。

収穫した作物を風を当てる、空気を動かすだけでも。

湿気を多少でも除去。

天日で「梅干しを干す」補助としても使えるかもしれない。

家での「快適な生活を送るため」だけでなく、「仕事用」にも使いたい。

以前、「工業用の扇風機」を使ったことがあったのだけど。

「電気代」が跳ね上がって。

それ以来使っていない。

でも、アイリスオーヤマ。

「DCモーター」の機械なら。

ランニングコスト、電気代の心配はない。

使い方にもよるけど。

公称1日あたり約5円。

個人的には、「家庭用」より「仕事、農業用」に使いたい。

収穫した「作物」。

「無駄なく商品化」、「品質向上」のための機械としての期待。

応用ができそうです。

とはいえ。

サーキュラーは、「室内、家庭用の商品」なので。

「業務用」として使うのは、「品質保証外」。

施設栽培、農業用「DCモーターのサーキュレーター」があったら。

ビニールハウスでの換気。

もしくは空気の循環には、使えそう。

広告