修理から帰ってきたハンマーナイフモア。使うたびに、同じ箇所のボルトが欠落するので対策。アサヒペンのパワーテープも使ってみる。

広告



草刈り作業に大活躍のハンマーナイフモアです。

修理から帰ってきたハンマーナイフモアで、草刈り作業。

修理から帰ってきて大活躍!の機械ですが。

トラブルは、まだまだ続く。

created by Rinker
アサヒペン
¥492 (2021/07/24 09:53:32時点 Amazon調べ-詳細)

草刈りの作業では、大活躍ですが。毎回使っている途中でボルトが抜け落ちる。

草刈り作業、もう少しでひと段落すると思っていると。

機械が急に、地面、土を削り出す。

ここのボルトが欠落。

すでに、2回ボルトを紛失。

反省したので。

今度は、抜け落ちる前にボルトを締める作戦。

抜けたボルトを「手で締める」のは無理なので。

「工具」を持って草刈り作業。

すると、今日に限ってボルトが緩まない、順調な作業。

油断をしていると。

やはり急に地面を削る感覚。

見ると、やはりボルトがない!

「油断、気の緩み」よりも。

「振動で緩むボルト」のほうが悪い。

もともとついていたものよりも。

おそらく「少し長いサイズ」。

今回は、「M12の80」を。

「M12の70L」の代替品として。

ホームセンターに買いに行きました。

アサヒペンのパワーテープで「緩み防止」と「畑で落ちたボルトを見つける補助」。

そして、ボルトの長さを変えるだけでなく。

新たな対策として。

もうひとつ。

ボルトの頭にテープ。

「アサヒペンのパワーテープ」を貼る。

テープが貼ってあれば。

「緩みにも多少は耐える」はずだし。

「畑で落ちたボルトを見つける補助」の目的。

落ちたところがわかれば。

部品も買わなくて済むので。

無駄にならない。

そして、落ちたボルトを見つけてその場で締めれば。

すぐに作業の復旧ができる、効率的。

created by Rinker
アサヒペン
¥492 (2021/07/24 09:53:32時点 Amazon調べ-詳細)

広告