「分子調理の日本食」。本を読み終えました。応用でやってみたいことを思いついた。

広告



「分子調理の日本食」。

家庭料理やレシピ本ではなく、実験調理の本。

created by Rinker
¥2,640 (2021/06/13 20:10:06時点 Amazon調べ-詳細)

この本「分子調理の日本食」。

読む前の予想よりも。

実践、応用できる可能性がある。

野菜の形を再構築、変えて販売してみたい。

読んだ中で、一番イメージにあっていたのが。

「メチルセルロース」を使った調理。

created by Rinker
食品添加物
¥2,500 (2021/06/13 20:10:06時点 Amazon調べ-詳細)

メチルセルロースの「熱ゲル化」と「シート状になる性質」。

この性質を利用して。

野菜の再構築。

調理で構造を変えて「新形態の野菜」。

とりあえず。

以前試してみた柿。

食品乾燥機で乾燥させてシート状にするテスト。

created by Rinker
東明テック(Tohmei Tech)
¥23,531 (2021/06/14 05:11:18時点 Amazon調べ-詳細)

もしかしたら「食品乾燥機」と「メチルセルロース」の組み合わせで。

シート状にした野菜のグレードアップバージョンができるかもしれない。

「メチルセルロース」「ミキサー」「オーブン」「真空パック器」と「野菜の残り」を使ってビニールポットの代わりが作れるかも。

これも以前テストをして失敗をした。

野菜の残りをミキサーで粉砕。

食品乾燥機で乾燥。

再度成形。

育苗に使うビニールポット。

ビニール製品の代わりに自然素材。

ミキサー。

そして、オーブンと。

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥45,053 (2021/06/13 22:34:39時点 Amazon調べ-詳細)

真空パック器。

これらの機材を組み合わせれば。

以前よりも進化、進歩したものができるかもしれない。

とはいえ。

ビニールポットのかわりを自然素材で作る、といっても。

食品添加物「メチルセルロース」が必要だし。

使い方には注意が必要なこと。

大量生産には向かないので。

汎用性としては、現実的ではない。

でも。

料理をトランスフォーメーションする理由。

「見た目や食感を楽しむ」。

それではない可能性を秘めているのが「分子料理」。

created by Rinker
¥2,640 (2021/06/13 20:10:06時点 Amazon調べ-詳細)

広告