育ちすぎた「ラディッシュ」。「ス」が入ってもより美味しく食べられる方法。

広告



野菜自体の水分を出して。

全体に味をまとわせる。

食感も復活します。

料理としては、出せるけど。野菜、売り物としてはもう無理かな。

手のりサイズが。

その後、20日ほどが経過。

トータルで50日くらいで。

こんなサイズ感。

一般的な「ラディッシュ」より少し大きくなり過ぎた。

そして。

「サイズが大きいこと」ではなく。

問題は。

「ス」が入っていること。

大きさよりも、「ス」が入っているのが問題。

「ス」が入る。

中の水分が抜けていて。

そのまま食べると「スカスカ」「フカフカ」な、食感。

歯応えが抜けた感じで、美味しくない。

今まではこういう状態になったら。

捨てていたのだけど。

まだ葉っぱはモリモリ食べられるし、根部。

根っこの赤い部分。

いわゆるラディッシュも「料理をすれば」使える。

もったいない。

ただ、「スが入ったラディッシュ」は。

この野菜の状態や。

使い道がわかっていて買ってくるお客さんならいいけど。

店頭。

野菜として。

今は、売り物としては、出せない。

でも、「より美味しくなる」かもしれないので。

調理のテスト。

無駄にしないアイディア。

料理を紹介。

「ス」が入っている食感を復活させる方法。

料理といっても。

塩をかけるだけ。

野菜自体の水分を出して、乾燥した部分にまとわせる。

全体を復活させると同時に。

味が、逆に凝縮する。

ある程度の形に切った「ラディッシュ」に。

少し多めの塩をかける。

数分すると、野菜から。

かなりの水分が出てきて。

乾燥した部分は気にならないどころか。

なくなるというか。

野菜自体から出た水分をあえる。

混ぜると。

逆にもともとの味。

辛みや旨味が凝縮。

なお、「ラディッシュ」は。

「牛肉」、「バター」と合う。

一緒に食べるとより美味しいです。

広告