畑作業の記録、実績を「アップルカレンダー」に入力してみることにしました。テスト今日で2日目。

広告



畑作業の記録を「アップルカレンダー」に入力してみることにしました。

 

農業の作業日誌として、以前試してみたのは「アグリハブ」。

 

スマホ、パソコン上で農業の作業日誌をつけてみようと「アグリハブ」のアプリをダウンロードしました。

使ってみたけど。

2日目にて、やめた。

その理由は、パソコンと同期できない。

余計な時間がかかるから。

 

スマホの文字入力が苦手。どうやったら「フリック入力」がうまくできるようになるの?

 

畑作業の記録を「アップルカレンダー」に入力するテスト。

 

アップルカレンダーは、アイフォンやマック。

アップルの製品なら標準で使えるアプリ。

 

アップルカレンダーに「畑の作業実績」を入力、記録するテスト。

今日で2日目。

使い勝手がよくわからないのですが。

とりあえず使って、触ってテスト。

 

まずは、iCloud。「アイフォンとマック」の同期設定。

 

今までは、「アップルカレンダー」。

それ自体を使っていなかったので。

iCloudで「アイフォンとマック」の同期をしていない。

 

同期していないと、使う意味がないので。

まずは、同期の設定。

 

アイフォン側。

設定のトップ、「Apple ID」。

 

 

iCloudで同期をするので。

カレンダーをオンの状態。

 

 

これで、アイフォンとマックが同期できます。

 

マック、パソコンからのカレンダーへの入力方法。

 

スマホ。

アイフォンからカレンダーへの入力は普通にできたのだけど。

 

同期を終えたマック。

パソコンからの予定、実績の入力方法。

+のボタンでは、簡易的にしか記録できない。

 

使い方がわからず、いろいろ触って試してみたところ。

 

名前が出てこない。

カーソルを操作するこの部分、いわゆるマウス。

 

 

 

いわゆるマウスで、予定もしくは実績。

時間の部分を選択すれば。

文字入力ができることがわかりました。

 

とりあえず、畑作業の記録。

実績を記録するなら「アップルカレンダー」でいいかもしれない。

検索機能があるのが便利。

 

グーグルカレンダーも使ってみる。アップルカレンダーと同期。

 

次は「グーグルカレンダー」と「アップルカレンダー」。

同期をさせると。

何か便利らしいので。

「グーグルカレンダー」を使ってみることにする。

広告