100円ショップのダイソーで「ハイドロボール」を買ってきました。水耕栽培などのテストをやってみます。

広告



100円ショップのダイソーで「ハイドロボール」を買いました。

 

ハイドロボールは、高温処理、焼成をした人工の軽石。

 

原料は、土なのかな。

人工の素材。

 

高温焼成してできた石なので。

雑菌もいないということ。

軽量で、通気性、保水性に優れているという。

 

最近、アクアポニックスでよく耳に、目にする。

使われている材料、用土がこの「ハイドロボール」。

 

 

オートサイフォンを自作してアクアポニックスやってみたい。

 

テスト用として、100円ショップのダイソーで買いました。

 

もともとハイドロボールは。

インテリアガーデニング用。

 

市販の栄養分のある「土」は。

変な「におい」がするけど。

ハイドロボールは高温焼成した人工素材。

「雑菌」や「におい」。

だから、家の中に入れても「悪臭」がないということ。

 

個人的に、「作物の栽培用」として本格的に使うには。

1.2リットルでは、手のひらサイズ。

使う量としては、まったく足りないのだけど。

 

100円ショップの「ダイソー」で。

「110円で1.2リットル」の商品を買いました。

 

ある程度の量の商品を探してもホームセンターにも。

「大袋」では売っていないし。

見た目、容量的に同等の商品が。

少し割高。

 

ハイドロボールを使って施設栽培ができるか?のテスト。

 

「ハイドロボール」は、まだ使ったことがない。

 

小さいですが、念願のビニールハウスを建てました。これから促成栽培、施設栽培、いろいろなテスト。

 

 

 

野菜苗のホットキャップを作ってみる。100円ショップの「ダイソー」で「万能強力はさみ 湾曲刃」を買いました。

 

とりあえず、「ハイドロボール」を使うと作物がどういう状態になるのか?

テストをしてみることにする。

 

高温焼成してできた石。

雑菌もいないということ。

軽量で、通気性、保水性に優れているというハイドロボール。

 

まずは、今まで優秀な。

発芽用の用土として使っている「鹿沼土」の代わり。

 

ビニールハウス内で発芽したスナップエンドウ。

 

 

発芽させるための用土として。

 

 

鹿沼土と同じサイズの「小粒」。

小粒のハイドロボールに種をまいてみて。

発芽の状態や、強度の比較をしてみます。

 

そして「中粒」のハイドロボールでは。

「ハーブ類」など「水耕栽培に向きそうな作物」を植えて。

成長の様子をみます。

 

山から自然に流れ落ちている水。

この水路や川で、水耕栽培。

 

おそらくそこでは「中粒」がちょうどいい。

 

 

オートサイフォンを自作してアクアポニックスやってみたい。

広告