梅の花の見頃は、もう少しあとです。「水戸の偕楽園」へ行ってきました。

広告



「水戸の偕楽園」へ行ってきました。

 

偕楽園,水戸

 

1842年7月1日に開園した、水戸の偕楽園。

 

受付でもらったパンフレットによると。

 

偕楽園は、1842年7月1日に開園。

水戸藩第九代の藩主「徳川斉昭」が取り組んだ政策の一つが、偕楽園の開園。

 

 

ところどころ花が咲いている木もありますが。

 

 

 

園内の梅は、全体的にまだこんな感じです。

 

 

梅の花。

見頃は、もう少し先。

 

自分の管理している梅の木との違い、剪定方法などを勉強する目的。

 

梅といえば水戸の偕楽園。

 

自分の目的は、花を見ることではなく。

枝をみて、自分の管理している「畑の梅の木」との違いを確認。

剪定方法などを勉強、参考にするために行ってきました。

 

梅の剪定作業を終えました。品種の違いなのか?花が咲き始めている木もある。

 

花芽、つぼみが膨らんできている状態。

枝もみることができたので、個人的な来園の目的。

時期としてはちょうど良かった。

 

 

ウチから車で40分ほど。

 

 

偕楽園の梅は、草生栽培で管理されている。

 

歩いていると、数本の木が竹の枠で囲われていて。

 

 

これらの囲われた梅は、何か特別な意味があるのか?

近寄ってみると。

 

 

中には、落ち葉が敷かれている。

マルチ?

 

しばらく歩いていると。

この看板。

 

 

この庭園の梅の木たちは、「文化財保護法」により耕起作業が規制されている。

耕運ができないので「草生栽培」で管理されている。

やはり、落ち葉はマルチ。

 

そして、ここの梅。

苗木は、ウイルス対策として、他からは持ち込まない。

実生苗。

 

若い苗木は、こんもり。

かなりの量の土が盛られて植えてある。

 

 

 

梅の木を植えた理由。「観賞用」としてだけではなく、「食用」となる実用性を兼ねた。

 

偕楽園に「梅の木を植えた」理由。

 

梅は、春の「さきがけ」として咲く花。

詩歌の「題材」となるだけではなく。

梅の実は、「食料、非常食として実用性」も考えて梅園にした、ということ。

 

現在は、どちらかというと「鑑賞用の目的」なのかな?

この庭園にある梅の木を見て感じた第一印象。

樹高が高い!

5〜6メートルはある。

 

なんで幹がグルグルしているの?

 

幹が自然にねじれていくのか?

作ったのか?

 

 

 

グルグルな上に。

 

 

中が空洞の木。

 

 

中が空洞で、外側の樹皮が板のような状態で。

生きている木もあるし。

 

 

完全に倒れている木。

 

 

庭園なので。

「樹形が整っている」のかと思っていたら。

それぞれが個性的。

 

実が付かなそうな木が何本もあるし。

ここは日当たりがいいからなのか?

枝も混んでいる気がする。

すべてが画一的でない面白さ。

 

そして、一番のお気に入りの木が。

こちらの品種「鹿児島梅」。

 

 

梅の木なのに丸い。

細かい枝もクルクルして全体的に丸い形。

 

藩主は、これだけの権力、力を持っていたのですね。

 

千波湖や周囲が見わたせる仙奕台(せんえきだい)。

そのために作った、仙奕台(せんえきだい)からの眺望。

 

 

 

当時の石の将棋盤。

 

 

これだけの広大な土地に物が作れる徳川家。

藩主の権力や力。

情勢が不安定な当時から。

実用性だけでなく、景観、遊び心も考慮。

それが現代でも守られている。

 

300年以上の。

「木の生きているパワーと歴史」を肌で感じた1日でした。

 

偕楽園,水戸

広告