生地から作った「はじめてのパン作り」。「ソーセージ入りのパン」を焼いてみました。

広告



生地から作った「はじめてのパン作り」。

 

はじめてのパン作り。作ってみたのは、「ソーセージ入りのパン」。

 

ホームベーカリーでパンを焼いたことはあるけど。

生地作りから、オーブンで焼くパンを作ったのは、はじめてです。

 

 

生地は、オーバーナイト方式。

前日に作って野菜室で寝かせていた生地。

生地を作って寝かせてから焼くまで、1日半経過。

 

レシピや、作り方は。

ユーチューブの動画を参考にして作った。

自分で生地から、焼くまで。

はじめて作るパンが、「ソーセージ入りのパン」です。

 

台でこねない作り方。オーバーナイト。生地作りには、そんなに手間がかからない。

 

今回作った生地は、台でこねない作り方。

材料を入れたボウルの中で、完結。

 

こねる作業時間と、使った道具の洗い物。

それらの時間を節約するために試作するのが今回の目的。

 

まずは、生地をまとめて休ませて。

15分に1回ボウルの中で、スパチュラとか、カードで生地をこねる作業。

 

 

created by Rinker
貝印(Kai Corporation)
¥266 (2021/06/12 22:41:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

こねるというか。

回転させながら「下から上に生地を乗せていく」ような作業を合計3回。

そのあと野菜室で寝かせる。

寝かせる時間は、半日ほど。

 

発酵して膨らんだ生地。ガスを抜かないように成型するのがコツ。

 

焼く前の段階。

できた生地は、発酵してかなり大きくなっている。

この生地は、中の発酵したガスは抜かないように成型するのがコツらしい。

 

今回のレシピ、材料は、5個のパンが焼ける分量。

予想していたのは、ハード系のサクッとした食感。

 

生地にソーセージを入れたのは、2個。

あとは、生地だけで焼いてみました。

 

 

レシピでは。

予熱ありの220℃で18分。

 

 

その時間では焼けなかったので、様子をみながら。

焼き時間をすこしづつ増やした。

 

18分プラス10分以上加熱しても焼き色がつかない。

パンを持った感じは、重い。

中に水分が残った生焼けのような感触。

 

オーブンからは、パンが焼けた香りはせず。

ソーセージが焼けた匂いは、する。

 

途中で、パンをとりだして。

切ってみても。

 

 

中身はまだ、しっとり感が残っている。

 

でも、今回の「パン作りのテスト」は、これまで。

これ以上焼いてもダメな気がする。

 

 

予想と違う結果。

 

 

パンに「ケチャップと粒マスタード」をつけて食べてみました。

 

失敗作だとしても、できたのは「パン」。

いちおう「パン」は、生焼けではないので、食べられる。

 

ソーセージのパンにはお決まり。

定番の「ケチャップと粒マスタード」。

これをつけて試食。

 

 

焼けた?パン生地の存在感は、ないけれど。

オーブンで焼いたソーセージと。

ケチャップ、粒マスタード。

 

 

予想、想像とは違うものができたけど。

味付けとしては、定番。

相性は悪くはない。

 

もう一度同じ材料、条件で作る、試してみる必要がある。

 

今回も完全に「レシピ通りの作り方」ではなく。

それにプラスして「余計なこともしていた可能性」。

 

スチームで加熱をさせようと。

沸騰していないお湯を入れたことが原因で。

「オーブン内の温度を下げた」のかもしれない。

 

失敗の原因を探るためには。

もう一度同じ材料で作る必要がある。

 

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥45,053 (2021/06/12 20:22:54時点 Amazon調べ-詳細)

広告