Udemyでのオンライン講座。「米国AI開発者がゼロから教えるDocker講座」最後のチャプターまで進みました。

広告



「米国AI開発者がゼロから教えるDocker講座」。

Udemyでのオンライン講座で学習中です。

 

 

オンライン学習サイトUdemyで「Docker」の学習。

最後のチャプターまで進みました。

 

「米国AI開発者がゼロから教えるDocker講座」。

 

知識ゼロからの「Docker」の学習。

「Docker」や、「ウェブの開発環境」具体的には、何なのかもわからず。

 

でも、独学しているプログラミングの「Python」。

本で学ぶよりも、数段理解度が深まる。

かなりオススメのオンライン講座がこちら。

「米国データサイエンティストがやさしく教えるデータサイエンスのためのPython講座」。

 

「Pythonの講座」がわかりやすいので。「Docker」の講座もおかわり購入しました。

 

 

そして、「Pythonの講座」を終了したので。続いて、「Docker」の講座の受講を始めました。

 

パイソンの講座は、1度講座を終了して。

これから勉強のためには。

まだ何周かは見返すとは思うけど。

 

最後まで終えて。

さみしさというか。

不思議な感覚。

感傷的な気持ちにもなった。

 

そしての気持ち、ロスをまぎらわす意味もあるのか。

これが、勉強中の「米国AI開発者がゼロから教えるDocker講座」。

 

 

 

「米国AI開発者がゼロから教えるDocker講座」。最後のチャプターまで進みました。

 

まずは、「Docker」とは何なのか?を理解したいという意味で。

とりあえずは、動画をみている状態。

「米国AI開発者がゼロから教えるDocker講座」。

 

見ているだけではなく。

すこしだけ手を動かしながら。

最後のチャプターまで進みました。

あと2時間弱で終了。

 

 

2つの講座を受講して感じているのは。

実務的な「Python」と比べて。

「Docker」は、概念的。

 

 

「Docker」の概念。テック業界では、今後必須な技術らしい。

 

データサイエンスに限らず。

「Python」のほうが幅が広くて、難しい。

 

「Dockerの開発環境の構築」のほうが、全体像を理解できれば。

頭に入れる具体的な技術は、少ない。

どちらかといえば、「Python」を理解するよりも。

「Docker」のほうが、わかりやすい。

 

そして、「Docker」。

テック業界では、今後必須な技術だということ。

その「Dockerの講座」をあと少しで、終了。

 

米国AI開発者がゼロから教えるDocker講座。

広告