お食事タルトの「セイボリータルト」。100円ショップで買った「300円のタルト型」に入れてオーブンで焼いてみました。

広告



「セイボリータルト」をタルトの型に入れて、オーブンで焼いてみました。

 

「300円のタルトの型」に入れて焼いたセイボリータルト。予想よりも、いい出来栄えでした。

 

かなり下手ですが、予想よりは、よかった出来栄え。

その程度のレベルです。

 

 

先日購入したタルトの型。

このタルトの型に入れて、セイボリータルトの生地を焼いてみました。

 

 

 

100円ショップで製菓用のマットと、300円のタルトの型を買いましたが。「cotta」さんのサイトでもっといい製品を見つけました。

 

生地を作ってから半日程度時間が経過。

丸めておいた生地。

 

寒いからなのか?

時間が経ち過ぎたのか?

生地をのばす作業があまりうまくいかず。

でも、このタルト生地は、薄めがいいので。

生地の「厚さ」だけは、注意しました。

 

セイボリータルトの「オイル生地」を作ってみました。生地が薄いほうがサクッと仕上がるらしい。

 

伸ばした生地の大きさが、型より小さかったので。

足りない分は、継ぎ足したり。

わりと雑な感じ。

 

 

でも、とりあえず今回は。

多少の見た目は後回し。

「型に入れると焼け具合がどうなるか?」のテスト。

そして、あまった生地は、平らにしてそのまま焼くことにする。

 

300円のタルトの型。使いやすいです。

 

焼く前には、型にぴったり貼り付けた生地。

 

焼きあがった生地は、型より縮んでいる。

 

 

型にバターなど油脂分、ペーパーなど使わず焼いたのだけど。

焼きあがった生地は、簡単に型から外れたので。

下の枠をそのままとらず。

型をひっくり返して冷ましている様子。

 

 

型に入れて焼いた生地は。

もう少し、火を通さなくては使えない感じ。

具材を入れてもう一度焼いて使うので。

まずは、このくらいで問題ないはず。

見た目は予想よりは悪くありません。

 

「ブリーチーズと、シラス、生ハム」の3種類と試食。

 

そして、あまって平らにした生地は。

すでに焼き上がり、出来上がったので。

具材との相性をみるための味見用。

 

ブリーチーズと、シラス、生ハムの3種類と試食。

 

 

全部合わなくはない。

でも、何か?どれも物足りないと感じるのは。

コレを試食する前に。

すでに「大きめのピザ」を試食しているのも原因。

 

ピザを試作中。オーブンよりも、鉄のフライパンで焼くのが正解。

 

焼いている途中のタルト生地に、卵液を塗る目的。

 

なお、焼く途中で塗る卵液。

均一に塗らないと。

コレは、見た目的に完全にアウト。

ツヤの違いが、はっきり出てしまう。

 

卵液は塗らなくても、味に影響はなさそうだけど。

目的は、見た目以外の別にあるのかな?

タルトの生地のコーティング。

具材の水分を通さないようにとか?

 

「Savory & Sweet Tiny Tarts 小さなごちそうタルト、おやつのタルト」。

 

生地のレシピを参考にしている本。

「Savory & Sweet Tiny Tarts 小さなごちそうタルト、おやつのタルト」。

 

生地、材料、分量以外のところは。

まだ詳細に読むのはコレから。

 

 

タルトは、オーブンで焼くのが正解。

 

東芝の石窯ドーム ER-SD3000-W。オーブンを使って「セイボリータルト」。甘くないお食事タルトの生地を焼いてみた。

 

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥45,053 (2021/06/13 22:34:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

根幹、本質は、はずさない。

 

考えてみれば。

この中、材料、素材には。

うちの野菜、自分が栽培してる食材。

材料がひとつも含まれていないのは。

「商売のため」とはいっても完全に、本末転倒に思えるかもしれませんが。

 

そこにほんの少しでも。

「ほかの人にはできないこと」。

実質的な自分のエッセンスを加える。

 

「根幹、本質は、はずしていない」。

忘れていないので、大丈夫です。

広告