食器を拭くのにお気に入り。100円ショップダイソーの「大判ドビー織りふきん」。このサイズ「大判」がオススメです。

広告



100円ショップ、ダイソーの「大判ドビー織りふきん」。「大判」のサイズがオススメです。

 

洗った食器の拭き取りには。100円ショップダイソーの「大判ドビー織りふきん」。

 

洗った食器の水分拭き取りには。

100円ショップダイソー。

「大判 ドビー織りふきん」。

イチオシ商品です。

 

 

洗った食器を拭くための「ふきん」。

以前は、リトアニア。

高価なフォグの「リネン」。

食器用ふきんを使っていたりしましたが。

 

数年間使うとボロボロになったので。

その後は、身近にあるものを。

 

一般的な「タオル」とか「てぬぐい」。

そして、「マイクロファイバーのふきん」を使っていた、使ってみた。

 

いずれも、日常、毎日の生活。

食器の水分を拭き取る効果としては。

「リネン」には。

使い勝手、機能的にかなり劣る、かなり不満。

 

効率化、代わりとなる「食器用のふきん」を探していたところ。

ダイソーの「大判ドビー織りふきん」。

 

 

コレが正解。

 

今回買ったのが、リピ買いの4枚目。

 

水がよく拭き取れ、ケバがつきにくい

 

「ドビー織り」と買いてある1枚100円の「食器用のふきん」。

綿100%で中国製。

 

 

今回買ったのは、リピ買いの4枚目。

 

「大判を2枚」買って数ヶ月使用。

 

 

水分の拭き取りに不満もなく、やはり食器にゲバもつかない。

「ドビー織り」だから?

 

よかったので。

今度は、同じドビー織り。

「小さいサイズの2枚入り」を1回購入。

 

布の面積は小さくても、同じ値段で2枚。

お得感があるなと思って使うと。

 

小さいサイズの「ドビー織りふきん」は。

「拭き取れている」という証拠なのだろうけど。

でも、すぐにふきんが濡れた感触。

 

ふきんに水分が含まれると。

食器の水分は拭き取れなくなるし。

自分の手に不快感もあるので使いにくい。

 

だから、少量の食器洗い用の拭き取り。

一人暮らしでも。

確実にオススメなのは、約40×70センチの長方形。

大判サイズ。

広告