剪定する木の枝、幹についている「コケ」をブラシで落とす目的。100円ショップで「立つミニブラシ」を買いました。

広告



剪定する木の枝、幹についている「コケ」をブラシで落とす目的。

 

100円ショップで「立つミニブラシ」を買いました。

 

12月に入ったので。

「梅の木の剪定」を始める。

その準備として道具を用意。

「立つブラシ」を買いました。

 

 

約2年前の2シーズン前に、造園業の人と一緒に。

剪定の作業。

梅の木の剪定の実践。造園業の仕事を見るチャンス。勉強してきました。

 

このときにチラッと聞いたのが。

幹や枝についている「コケ」。

「コケ」がついているのはあまり良くないということ。

 

コケがついていると何が良くないのか?

何故かは聞かなかったけど。

想像では、木に遮蔽物があるということ。

 

コケのせいで、日光が直接当たらないのと。

木の表面が乾燥せず、湿った状態が続く可能性があるから、なのかな?

コケ存在していること自体が、湿気が多い環境。

日当たりが悪い。

 

なんとなく「良くはない」感覚はする。

 

道具を使って、もっと効率的に作業。

 

昨年からは、自分ひとりで剪定の作業。

慣れない枝の剪定をしながら。

でも、梅の木の剪定。わりとうまく切れている、と自画自賛。

 

 

 

剪定と同時に、気持ち程度。

少しでも落とせればと、手でコケをこすった。

それでは、ほぼコケは落ちない。

 

だから、今シーズンは、道具を使って。

もっと効果、効率的な作業。

それに必要なアイテムとして、100円ショップの「立つブラシ」。

 

梅の収穫量が増えてくれれば、と期待を込める。

 

これを選んだ理由は、4つ。

まずは、大事なブラシの「硬さ」。

そして、作業中に、地面に落としても同化しない「目立つ色」。

ポケットなどに引っ掛けてさっと取り出せる「形状」。

あと「安い」。

 

この100円の道具、ブラシを使うことで。

「梅が不作だった」原因を潰していく。

梅の収穫量が増えてくれれば、と期待を込める。

 

広告