書籍。「 小さなお菓子屋さんとパン屋さんのはじめかた」を読みました。具体例、開業に向けた進め方も参考になります。

広告



「 小さなお菓子屋さんとパン屋さんのはじめかた」を読みました。

 

created by Rinker
¥2,430 (2021/06/13 16:59:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

お店を開業、経営をしている具体例。

 

この本のメインをしめるのは。

小さなお店を開業、経営をしている方々のストーリーや具体例。

 

そして、後ろのページには。

お店を開業しようとする人向けへの。

具体的なヒント。

 

オシャレな写真、雰囲気のいい本。

この本を手に取る。

読んでいる人は、お店を開業したい人なはず。

 

具体例、開業に向けたヒント、進め方が参考になります。

 

自己資金だけで経営しているお店が。

わりと多いのだな、というのが。

この本を読んでいた印象深いこと。

 

「借入、借金をすることはダメ」だと。

以前は思っていた。

そういう教育、教えられていたので。

 

でも、創業、開業、経営は、なんとなく。

「借金は、悪」とは違うと思っていた。

 

借りたお金で開業、経営。

「利益を出すことで利子をかえす」ということは。

社会にとっても、有益、健全。

 

そして、お金を金融機関から借りられるということは。

個人、会社、事業が。

社会的に、信用されている証拠。

 

はっきりと、頭が切り替わったのは。

最近のこと。

 

開業、経営に向けてシュミレーション。

 

 

この本の、「開業に向けたヒント」を元に計画を策定。

スマホのアプリ、アクロバットスキャンで。

ページの写真をとって印刷。

 

イメージを具体的に。

「開業資金や、売上目標の数字」を落とし込んでいる。

書き込んでいる途中の段階。

 

お店を運営、経営維持する売上。

収支の計画としては。

固まってきた。

 

お店のコンセプト、業務販売内容に関しては。

収益目標、販売内容、商品的にも。

検討、改良の余地がかなり、たくさんある。

 

木製石臼の「オストチロル社」の製粉機が気になる。

 

この本の中で気になった写真、アイテム。

木製石臼の「オーストリア、オストチロル社」の製粉機。

ネット検索してもオープンにはなっていない。

おそらく業務用なので。

値段もかなり高そう。

 

製粉をして何かやろうとは。

今のところ考えてはいないけど。

 

自家、自然栽培の麦を製粉、商品にする。

その時がきたら。

製粉機は、「オストチロル社の製品」は。

使ってみたい製品。

 

created by Rinker
¥2,430 (2021/06/13 16:59:29時点 Amazon調べ-詳細)

広告