貝印のかわいいサイズ「IH対応の鉄製ミニフライパン」を使って。イタリアのオムレツ「フリッタータ」を作ってみた。

広告



イタリアのオムレツ「フリッタータ」を作ってみました。

 

「フリッタータ」。

残ったパスタを、具材とするのが本当。

美味しいらしい。

 

貝印のかわいいサイズ「IH対応の鉄製ミニフライパン」を使って。

 

 

イタリアオムレツの「フリッタータ」を作ってみることにした。

 

 

具材は、シンプルにジャガイモ。

 

材料は。

卵3個とジャガイモ2個。

 

今日は、キタアカリ。

ヒマワリオイルをメインに。

香り付けにオリーブオイルも使って焼いた。

 

自家栽培、自然栽培のジャガイモ。

保存状態を確認するため。

ジャガイモは、皮をむいてから、せん切り。

 

具材は、シンプル、ジャガイモだけ。

同じ素材で、2度楽しめるようになれば。

食感も欲しいと思い、角切りも少々。

 

具材を炒めてから。

溶いた卵に具材を入れ、混ぜてフライパンで焼く。

 

試しに1枚、焼いてみたのがこちら。

 

 

 

鉄のフライパンでも、完璧な出来ばえ。

 

 

見た目のボリューム感と比べて、食感は軽い。

 

調味、味は何もつけていないので。

味に、物足りない感はある。

 

見た目的にはいい出来なので。

調子にのって2枚目。

具材を増やして焼いてみた。

 

ジャガイモと葉物、早池峰菜のフリッタータ。

 

自家、自然栽培の野菜。

「キタアカリと早池峰菜」を使ったフリッタータ。

 

 

購入した平飼いの卵。

 

 

皮をむいたジャガイモは。

味が上品すぎる。

 

保管しているジャガイモの状態も問題ないので。

皮ごと使って香ばしさをプラス。

そして、早池峰菜。

 

 

今回は、炒めるときには。

塩も加えて。

今回は、ジャガイモを1個。

より食感を得ようと。

角切りを増やした。

 

フリッタータの作り方は簡単。

 

具材に軽く火を通して。

溶いた卵に入れる。

 

 

それからフライパンに。

 

 

端をスパチュラで中に入れて。

出来るだけ高さを出す。

ひっくり返せる程度に固まるまで状態をみながら。

途中でフタをする。

フライパンが鉄なので、わりと弱火。

 

焼く時間、調理時間は多少かかる。

材料を仕込むところから、完成まで。

トータル30分程度かな。

 

底をはがすときに失敗した。

 

今回は、失敗。

具材を炒めたときに材料がくっつく。

そのままのフライパンで焼いているのと。

 

 

底が焦げないように。

ゴムベラ、スパチュラをクルッと。

フライパンとフリッタータの間に入れたはずが。

材料の方を削ってしまった。

 

そのために、焼きムラ。

失敗作。

 

 

2枚目は、味も中途半端な感じ。

普通の卵焼き。

 

具材を増やしたから。

そして、いいオリーブオイルを使ったからといって。

香りも出ないし。

美味しくなるわけではないらしい。

 

改良の余地がたくさんあって。

でも、イメージ的には。

余計なことをしないこと。

 

とりあえず、小さいフライパン。

 

 

卵料理には、最適。

 

貝印のかわいいサイズ「IH対応の鉄製ミニフライパン」。

かなりオススメのアイテム、調理器具。

 

広告