『新版 図解はじめよう! 「パン」の店』。読み終えました。読みやすいのに大切なことがたくさん書いてある。

広告



『新版 図解はじめよう! 「パン」の店』。読み終えました。

 

 

created by Rinker
¥1,870 (2020/11/29 16:50:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

読みやすいのに具体的。

大切なことがたくさん書いてある。

 

図解なので。

ページの半分は図、絵。

だからよけいにスラスラ読める。

 

「パンが好き」なことが。パンの店、経営成功の第一条件。

 

商売の成功の鍵は、経営者の思い。

パン店経営者はパンが好きであること。

これが成功の一つ。

第一条件であるという。

 

個人を振り返ると。

特にパンが好きというわけではなくて。

「食の中のひとつの素材が、パン」という位置付け。

「食べることが好き」「好きだった」という面では合格だとは思う。

 

「自家栽培、自然栽培の野菜とパン」のコラボ、をイメージしての構想。

もともと、野菜の栽培、販売に専念できる状況であったら。

こんなことは考えなかった。

 

500メートル圏内だと、ほぼ人間がいない。

 

商圏人口。

半径500メートル以内に、1万5千人。

これで日商10万円程度が見込めるという。

 

この町、「全体の人口」が現在1万8千人弱か?

500メートル圏内だと、ほぼ人間がいない地域。

 

セオリー通りだと、この地域での商売はダメ。

不向きだと判断になるのだけど。

一般的な指標と、オリジナルを照らし合わせて。

なんとかできないか?

検討中。

 

自己満足ではなく「お客様の視点」。

 

前例がある商売。

経営指標があるのと。

 

指標が、まったくないだけでなく。

先が読めない自然栽培の農業。

これらを組み合わせてプラスにする。

野菜の栽培、販売に専念できる状況にするのが、本当の目的。

 

もともと職人、その気質の自分が。

数年の経験でわかった、実感していることは。

この本に書いてあるその通り。

 

いくらいい商品を作ったとしても。

お客さんが来て、買ってもらい。

喜んで帰ってくれないといけない。

 

自己満足で商品を作る、売るのではなくて。

一番重要なことは、「お客様の視点」。

 

created by Rinker
¥1,870 (2020/11/29 16:50:34時点 Amazon調べ-詳細)

広告